渡辺枝里子カナダ取材3日目〜エドモントンでセグウェイ体験、巨大ショッピングモール「ウエスト・エドモントン・モール」、そしてバンクーバーにてディナー

カフェ・デジュネのパーソナリティの渡辺枝里子が、カナダ取材中です。カフェ・デジュネの放送では、11月14日、21日、28日にて、動画にてご紹介する予定ですが、ブログにて、一足早く紹介します。

3日目は、エドモントンとバンクーバーからレポートです。

みなさん、セグウェイって知っていますか?アクセルもブレーキもない、2輪で走行する乗り物です。立ったスタイルで、体重移動で動くユニークな乗り物に体験できるセグウェイ・ツアーに参加しました。
th_DSC06874.jpg
インストラクターの方の指導の元、まず乗り方を学びます。その後、公園の中を流れる川沿いの道をインストラクターの後について走ります。
th_スクリーンショット 2014-10-27 0.32.07.jpg
th_DSC06934.jpg
時速30kmのセグウェイは、最初、慣れないものの、時間が経つにつれて、どんどん楽しくなってきました。ツアー終了後は、修了証をいただきました。
th_DSC06943.jpg
エドモントンに行った際には、是非体験することをお勧めします。
th_DSC06939.jpg
続いて、巨大ショッピングモール「ウエスト・エドモントン・モール」へ行きました。このショッピングモールは北米一の大きさを誇るということで、800店舗のショップやレストランがあります。モールは、いろいろなテイストになっている場所もあり、いろいろな国の雰囲気を楽しむことができます。
suono1111.png
それだけではありません。何と、屋内の遊園地やプール、スケートリンクなど、さまざまなアトラクションが楽しめるんです。さすが、スケールが違いますね。屋内遊園地のジェットコースターにチャレンジ。3つのループがある屋内ジェットコースターとしては世界最大だそうです。
th_スクリーンショット 2014-10-27 0.41.08.jpg
乗った瞬間のちょっと余裕の表情が。。。
th_スクリーンショット 2014-10-27 0.34.12.jpg
乗っている最中なこんな感じ。
th_スクリーンショット 2014-10-27 1.16.15.jpg
この乗っている様子は、カフェ・デジュネにて動画で紹介する予定ですので、お楽しみに。
ショッピングモールの中には、スケートリンクもあります。カナダの方は、小さい頃から、スキーやスケートを楽しむそうなので、ショッピングモールの中にあっても違和感はありません。
th_DSC06958.jpg

そして、プールは、波の出るプールで、ウォータースライダーもある本格的な屋内プール。外の気温は寒いのですが、この屋内プールだけは、常夏の暑さでした。
th_suono22222.jpg

ショッピングモールでは、ショッピングを堪能。様々なブランドの店舗があり、カナダオリジナルブランドの服飾もありますので、OLさんにはお勧めのモールです。
th_スクリーンショット 2014-10-27 0.36.26.jpg

そして、ショッピングモールを出ると、何と雪が降ってきました。エドモントンではこれから徐々に雪の季節になるそうです。
th_スクリーンショット 2014-10-27 0.49.48.jpg

夜には、雪の降るエドモントンを後にして、国内線に乗り、西海岸のバンクーバーへ移動。1時間半の移動で、時差が1時間あります。
th_DSC07020.jpg

バンクーバーでは、「リステル・ホテル」に宿泊。ショップやレストランが多く並ぶ便利なロブソン通りにあるホテル。ホテル内がコンテンポラリー・アートで飾られたデザイナーズホテルになっています。各階のフロアや部屋にはアーティストの作品が並んでいるお洒落なホテルです。
th_DSC07043.jpg

th_DSC07028.jpg

ホテル内にあるレストラン「forage」では、カナダの食材を生かした美味しい料理を満喫。
th_DSC07054.jpg
th_DSC07081.jpg
また、お酒も16種類の地ビールが揃っており、ビールのテイスティングも楽しむことができます。カナダはワインもお勧めということで、独特の色を持つ白ワインやアイスワインも楽しむことができます。
th_DSC07070.jpg
お店のクラムチャウダーは、2年連続で、クラムチャウダーコンテストにて優勝しているメニューです。お店の入り口には、コンテストで入賞した記念の絵が飾られていました。
th_DSC07046.jpg

日本人好みの繊細な味付けのメニューになっており、バンクーバーで食事をされる方にお勧めのお店です。

明日、4日目は、バンクーバーの様々なアクティビティに挑戦する予定です。お楽しみに。