犬伏まりカナダ取材2013日記 -最終日-

犬伏まりのカナダ取材2013、最終日。
バンフからカルガリーへ移動。そして帰国の途に。
以上です。3行で終了...できないので、今日はこの旅についてまとめます。

この旅で、カナダのいろんな方にお会いしました。
皆さんとても親切。私達の質問に対しても丁寧にお答え頂いたり、
撮影で困っている時に気軽に声をかけていただき、撮影できる場所を作って頂いたり・・・

そしてもう1つ、笑いが絶えない。笑顔が絶えない。雰囲気がとても良いんです。
外国にいくとついつい身構えてしまうことも多いのですが、
カナダ滞在中、とても穏やかな気持ちになりました。
ゆったりと流れる時間とそこに広がるカナダの大自然、も理由でしょう。

最後に。
今回の私達の旅を最初から最後まで同行して頂きましたバンフ在住のガイドの小野里直道さん。

20130828_124034.jpg

1週間の旅のサポートは勿論のこと、カメラの撮影場所のアドバイス、
バッファローの美味しいレストランの情報まで、
今回の私達をいろいろな面で助けていただきました。

年に一度、日本に遊びにきているそうで、今年は11月。
日本での再開が待ち遠しいです。

帰国後、このブログを見ていたいろんな方に「カナダ、楽しそうだったね」と
言われました。だって、本当に楽しかったんだもの。

この楽しさ、9/13からのSuono Dolceの中でも感じとって頂けたら幸いです。

あまりにも楽しくて撮りすぎてしまったビデオテープを編集する仕事を目の前に、
現実逃避しながらこのブログを書いています。

というわけで、犬伏まりカナダ取材日記の更新はおしまいです。
読んでいただき、ありがとうございました。