「絵はがきを超える風景」犬伏まりカナダ取材2013日記 -3日目-

ぶっしーのカナダ取材3日目、今日はカルガリーからバンフへ向けて出発!
カルガリー市街を抜けると広がる大草原!そして徐々に近づくカナディアン・ロッキーの山々。

IMG_0096.jpg

期待もどんどん膨らみます。最初に向ったのはモレーン・レイク
私達が到着した頃には駐車場も満車状態。

展望台に向かう途中、どこからか鳴き声が・・・。

DSCN3786.jpg

ナキウサギとリスに出会うことができました!
上の写真じゃ、出会った感ないですよね(笑)この中にナキウサギがいますよ。

ビデオカメラにはアップで収録していますので、こちらはSuonoDolceの
放送を楽しみにしていてください。ガイドさんによると人の多い日に
ここまで動物が現れるのは珍しいんだそうです。

さて、展望台に上ったぶっしーを待っていたのはこんな風景でした。

DSCN3794.jpg

息を飲むほどに美しい風景が目の前に広がっていました。
目の前に広がる湖の水の色はターコイズ・ブルー。
奥に見える山々、テン・ピークスには雪が残っています。

ぶっしー記念写真です!

DSCN3806.jpg

決して合成ではない今日撮影したままの写真です。もう絵はがきを超えちゃってます。

それでは、この湖の真ん中まで、カヌーで行っちゃいましょう!

DSCN3831.jpg

ぶっしーを乗せたカヌーと撮影部隊を乗せたカヌーの2隻で出発!
ぶっしーが乗ったカヌーはまっすぐ進みますが、撮影部隊のカヌーは蛇行して前に進まず。
ぶっしーのカヌーに近づくことができません(笑)

DSCN3807.jpg

ちなみに湖の水温は4度。手をいれると、一瞬気持ち良いのですが、
10秒入れてると、手が冷たさで痛くなってきます。

DSCN3833.jpg

なんとかぶっしー艇に追いつき、前から写真。
ぶっしーは余裕の表情ですが、追いかけるために漕ぎまくった撮影部隊は息きれぎれ。
このブログを書いている今も肩が痛いぞっと。

ぶっしーと私達はモレーン・レイクからジョンストン渓谷に移動。トレッキングで滝を目指します。

DSCN3857.jpg

ジョンストン渓谷は初心者でも簡単にトレッキングできます。
目的地の滝までは道が整備されていて、子供やペットを連れて
トレッキングしていた方も多くいました。

DSCN3864.jpg

渓谷の脇を進み、約30分ほどでlower falls(ロウワー フォールズ)に到着。

DSCN3867.jpg

滝の脇にある洞窟を抜けると、水しぶきがかかるほど、滝のすぐそばまで
近づくことができます。

滝でマイナスイオンを十二分に浴びたぶっしーと私達は、バンフ市街へ移動。
その途中・・・

DSCN3879.jpg

ビッグホーンシープに遭遇。写真には3頭だけですが、近くに約20頭くらいいました。
前後の車の人達も車を降りて、ビッグホーンシープを撮影。
旅の途中、こんな動物に出会えるのもカナダの旅の楽しみのひとつですね!

バンフ市街に到着したぶっしーとスタッフは、既に空腹状態。
というわけで向かったレストランは、Buffalo Mountein Lodge(バッファロー マウンテン ロッジ)内に
あるSleeping Buffalo(スリーピング バッファロー)

DSCN3888.jpg

このお店のおすすめはバッファローと鹿肉のプレート。
自前の牧場でバッファローと鹿を育成しています。
それでは早速いただきまーす!

DSCN3903.jpg

バッファローはとても柔らかくソースも美味しい!
鹿肉はスパイスで独特のクセを感じさせない仕上がりです。

メインディッシュを食べた後は・・・

DSCN3912.jpg

お店の方からデザートでブリュレを頂いちゃいました!
3種類のブリュレにそれぞれのブリュレにあうアイスクリームがついています!

DSCN3922.jpg

ぶっしー今日も大満足の1日でした!

さて明日はコロンビア大氷原と、バンフにある温泉をご紹介します。
午前中は雨の予報。コロンビア大氷原ではみぞれになるとか!
明日のレポートもどうぞお楽しみに!

なお、今回の取材の模様は、9/13(金)・20(金)・27(金)の
「Cafe Dejeuner」(カフェデジュネ)内で3回に渡って映像でもご紹介する
予定です。