2013年8月アーカイブ

犬伏まりのカナダ取材2013、最終日。
バンフからカルガリーへ移動。そして帰国の途に。
以上です。3行で終了...できないので、今日はこの旅についてまとめます。

この旅で、カナダのいろんな方にお会いしました。
皆さんとても親切。私達の質問に対しても丁寧にお答え頂いたり、
撮影で困っている時に気軽に声をかけていただき、撮影できる場所を作って頂いたり・・・

そしてもう1つ、笑いが絶えない。笑顔が絶えない。雰囲気がとても良いんです。
外国にいくとついつい身構えてしまうことも多いのですが、
カナダ滞在中、とても穏やかな気持ちになりました。
ゆったりと流れる時間とそこに広がるカナダの大自然、も理由でしょう。

最後に。
今回の私達の旅を最初から最後まで同行して頂きましたバンフ在住のガイドの小野里直道さん。

20130828_124034.jpg

1週間の旅のサポートは勿論のこと、カメラの撮影場所のアドバイス、
バッファローの美味しいレストランの情報まで、
今回の私達をいろいろな面で助けていただきました。

年に一度、日本に遊びにきているそうで、今年は11月。
日本での再開が待ち遠しいです。

帰国後、このブログを見ていたいろんな方に「カナダ、楽しそうだったね」と
言われました。だって、本当に楽しかったんだもの。

この楽しさ、9/13からのSuono Dolceの中でも感じとって頂けたら幸いです。

あまりにも楽しくて撮りすぎてしまったビデオテープを編集する仕事を目の前に、
現実逃避しながらこのブログを書いています。

というわけで、犬伏まりカナダ取材日記の更新はおしまいです。
読んでいただき、ありがとうございました。
犬伏まりカナダ取材5日目!

今日はスケジュールに余裕があったので、朝はバンフ近郊を散策。

IMG_0111.jpg

IMG_0118.jpg

IMG_0120.jpg

どの写真もバンフから車で10分くらいの所にあります。
サイクリングで訪れるにも、ちょうど良い距離です。

さて、今日のぶっしーはラフティングに挑戦!
早速ウェットスーツに着替えて、スタート地点に移動!

IMG_4256.jpg

まずは先生のセーフティトークを聴きます。
ボートから落ちた場合にどうしたら良いのか、指示が出たらどう動くのか等、
緊張が走る一瞬・・・と思いきや、カナディアン・ジョークを交えて、
時に笑いも出ながら、和気あいあいと進んでいきます。

IMG_4265.jpg

パドルを持って、記念撮影。ビシッときまってます!

IMG_4261.jpg

早速ボートに乗り込み。後ろの方では他のボートの人たちが練習中です。

IMG_4275.jpg

ぶっしーの乗るボート、いよいよラフティングスタート!

IMG_4281.jpg

上の写真、ボートの前(岩寄りの方です)に小さなお子さんがいるのが分かるでしょうか?
このコースでは、5歳からボートに乗ることができ、家族でラフティングを楽しむことができます。
お子さんは最前列!ぶっしーのお隣でした。1時間半のラフティングで、結構仲良くなった
みたい。

さて、撮影スタッフはコース中間唯一、ボートと出会える場所に車で移動。
スタートしてから5分後には通過してしまうらしい・・・全力疾走!間に合うか?

IMG_4286.jpg

あーわずかに先に行ってしまった・・・

悔やんでもしょうがないので撮影スタッフはゴール地点に移動。
川沿いで大自然の空気を吸いながら、まったりとした時間を過ごし、
1時間後にボートが到着。

IMG_4288.jpg

最後は泳いでゴールする人も!
途中、かなり水を被るところもあったらしいです!

IMG_4295.jpg

先生、どうもありがとうございました!

バンフに戻ったぶっしーはメインストリート、バンフ通りをお散歩。

IMG_4305.jpg

外国からの観光客のほか、カナダでは来週から新学年が始まるということで、
最後の夏休みを楽しむ家族連れで大賑わいでした。
バンフは土日でも夜遅くまで開いているお店が多いです。
また、歩ける範囲にお店がまとまっているので、お土産選びやレストランの
食事などとてもしやすいですよ。

街ではこんなものを見つけちゃいました!

DSCN4106.jpg

リンゴをチョコレートでコーティングしてあります。見るからに甘そう!
と思いきや中のリンゴがかなり酸っぱく、同時に食べるとちょうど良い美味しさです。

DSCN4133.jpg

バンフといえば石鹸が有名です。このお店にはさまざまな花やハーブ類をブレンドした
手作りの石鹸が売られています。

ぶっしーのカナダ取材は5日目も終了。
明日は・・・楽しかった取材も全て終わり、カナダを旅立ちます。
6日目の取材日記は日本到着後、金曜日の更新です。
ぶっしーのカナダ取材日記4日目の朝。

今日はまず、滞在中のホテル「Banff Caribou Lodge & Spa(バンフ カリブー ロッジ&スパ)」内に
ある「Red Earth Spa(レッド アース スパ)」を取材。

DSCN3972.jpg

館内は落ち着いた雰囲気が広がっています。

DSCN3961.jpg

中には温水プールも。青色が特徴的です。

DSCN3951.jpg

ぶっしー、まずはオイルマッサージから体験!

DSCN3985.jpg

続いてフットマッサージと頭のマッサージを受け、体をリフレッシュさせたぶっしー。
オイルのボトルも頂いちゃいました!

DSCN4004.jpg

さて、ぶっしーと取材スタッフは、コロンビア大氷原に向けてバンフを出発!

DSCN4008.jpg

バンフからコロンビア大氷原までは車で2時間半ほど。
山道を進む車の窓からは2,000m~3,000m級の山々が見えます。
日本の山道と違って、カーブは緩く、1km以上の直線も。最高時速は90km。
途中、氷河が見えたり、湖が見えたりの快適ドライブです。

バンフ国立公園からお隣のジャスパー国立公園に入り、ちょっと進むと
氷河観光の出発地点となるセンターに到着。

DSCN4011.jpg

巨大なタイヤの雪上車に乗って、いざ出発!

DSCN4016.jpg

氷河が近づいてきました!

DSCN4030.jpg

ぶっしー、氷河の上に降り立つ!
実はこの撮影の直前まで、大粒の雨が。風も強く氷の上で体感温度は氷点下!?といった状況
でしたが、撮影時には一転して青空ものぞく天気に。
この旅、3度目の虹を見ることもできました。ぶっしー、なんか持ってます。

DSCN4033.jpg

流れ出る大量の氷河溶け水からひと口。かなり冷たい、そして何とも言えない味わいです。
1万年前にできた氷河だから、1万年前の水を飲んだことになるのかな?
ここの水は完全に生水なので日本に持って帰ってきても飲めないです。
現地でしか出来ない体験ですね。

DSCN4026.jpg

ぶっしーやスタッフが訪れた場所では、氷の深さは約300m。1年で25mほど、下の方へ
ずれているとのことです。


バンフに戻ったぶっしーがむかったのは温泉!バンフにも温泉があるんです!
「バンフ・アッパー・ホット・スプリングス」を訪れました。

DSCN4052.jpg

それでは、早速温泉に入っちゃいましょう!

DSCN4056.jpg

プールみたいに見えますが温泉です。水着着用です。
撮影当日のお湯の温度は40度で、ちょうど良い温度。
「金属のアクセサリーをつけて入ると、色が変わってしまう」ほどの濃厚な硫黄泉。

老若男女いろんな方が温泉を楽しんでいます。現地在住の日本人の方とも
お話することができました。

DSCN4057.jpg

カナディアン・ロッキーを見ながらの露天風呂。最高ですね!
ぶっしーの立っている場所は深さ1.4mとかなり深め。
写真の奥の方は深さ0.6mと傾斜がついています。

この深さなので「監視員」もいます。営業時間内での撮影だったため、
お客様そして監視員の方にご協力いただきました。ありがとうございました。

DSCN4063.jpg

水着・タオルはレンタルしていますので、手ぶらで行っても入浴することができます。
ということで我々同行スタッフも、撮影や日頃の疲れを癒すためにちゃぷーんと。
30分ほど入浴してリフレッシュ!バンフの街の夜を楽しみました。

さて、明日はぶっしーがラフティングに挑戦します!
明日の取材日記もお楽しみに!
ぶっしーのカナダ取材3日目、今日はカルガリーからバンフへ向けて出発!
カルガリー市街を抜けると広がる大草原!そして徐々に近づくカナディアン・ロッキーの山々。

IMG_0096.jpg

期待もどんどん膨らみます。最初に向ったのはモレーン・レイク
私達が到着した頃には駐車場も満車状態。

展望台に向かう途中、どこからか鳴き声が・・・。

DSCN3786.jpg

ナキウサギとリスに出会うことができました!
上の写真じゃ、出会った感ないですよね(笑)この中にナキウサギがいますよ。

ビデオカメラにはアップで収録していますので、こちらはSuonoDolceの
放送を楽しみにしていてください。ガイドさんによると人の多い日に
ここまで動物が現れるのは珍しいんだそうです。

さて、展望台に上ったぶっしーを待っていたのはこんな風景でした。

DSCN3794.jpg

息を飲むほどに美しい風景が目の前に広がっていました。
目の前に広がる湖の水の色はターコイズ・ブルー。
奥に見える山々、テン・ピークスには雪が残っています。

ぶっしー記念写真です!

DSCN3806.jpg

決して合成ではない今日撮影したままの写真です。もう絵はがきを超えちゃってます。

それでは、この湖の真ん中まで、カヌーで行っちゃいましょう!

DSCN3831.jpg

ぶっしーを乗せたカヌーと撮影部隊を乗せたカヌーの2隻で出発!
ぶっしーが乗ったカヌーはまっすぐ進みますが、撮影部隊のカヌーは蛇行して前に進まず。
ぶっしーのカヌーに近づくことができません(笑)

DSCN3807.jpg

ちなみに湖の水温は4度。手をいれると、一瞬気持ち良いのですが、
10秒入れてると、手が冷たさで痛くなってきます。

DSCN3833.jpg

なんとかぶっしー艇に追いつき、前から写真。
ぶっしーは余裕の表情ですが、追いかけるために漕ぎまくった撮影部隊は息きれぎれ。
このブログを書いている今も肩が痛いぞっと。

ぶっしーと私達はモレーン・レイクからジョンストン渓谷に移動。トレッキングで滝を目指します。

DSCN3857.jpg

ジョンストン渓谷は初心者でも簡単にトレッキングできます。
目的地の滝までは道が整備されていて、子供やペットを連れて
トレッキングしていた方も多くいました。

DSCN3864.jpg

渓谷の脇を進み、約30分ほどでlower falls(ロウワー フォールズ)に到着。

DSCN3867.jpg

滝の脇にある洞窟を抜けると、水しぶきがかかるほど、滝のすぐそばまで
近づくことができます。

滝でマイナスイオンを十二分に浴びたぶっしーと私達は、バンフ市街へ移動。
その途中・・・

DSCN3879.jpg

ビッグホーンシープに遭遇。写真には3頭だけですが、近くに約20頭くらいいました。
前後の車の人達も車を降りて、ビッグホーンシープを撮影。
旅の途中、こんな動物に出会えるのもカナダの旅の楽しみのひとつですね!

バンフ市街に到着したぶっしーとスタッフは、既に空腹状態。
というわけで向かったレストランは、Buffalo Mountein Lodge(バッファロー マウンテン ロッジ)内に
あるSleeping Buffalo(スリーピング バッファロー)

DSCN3888.jpg

このお店のおすすめはバッファローと鹿肉のプレート。
自前の牧場でバッファローと鹿を育成しています。
それでは早速いただきまーす!

DSCN3903.jpg

バッファローはとても柔らかくソースも美味しい!
鹿肉はスパイスで独特のクセを感じさせない仕上がりです。

メインディッシュを食べた後は・・・

DSCN3912.jpg

お店の方からデザートでブリュレを頂いちゃいました!
3種類のブリュレにそれぞれのブリュレにあうアイスクリームがついています!

DSCN3922.jpg

ぶっしー今日も大満足の1日でした!

さて明日はコロンビア大氷原と、バンフにある温泉をご紹介します。
午前中は雨の予報。コロンビア大氷原ではみぞれになるとか!
明日のレポートもどうぞお楽しみに!

なお、今回の取材の模様は、9/13(金)・20(金)・27(金)の
「Cafe Dejeuner」(カフェデジュネ)内で3回に渡って映像でもご紹介する
予定です。
ぶっしー3度目のカナダ取材2日目。
今日はまず、カルガリーにあるカナダ・オリンピック公園に向いました。

DSCN3614.jpg

25年前の1988年、カルガリー冬季オリンピックに参加した国・地域の国旗が
並んでいます。ここはスキージャンプやボブスレーの会場になりました。

というわけで、挑戦してみようじゃないの!ボブスレー!

DSCN3643.jpg

あれ、ボブスレーって冬のスポーツじゃないの?
冬のボブスレーは足がそりになっていますが、このボブスレーはその部分が
ゴムタイヤになっているんです。

DSCN3656.jpg

ボブスレーは4人乗り!だから同行スタッフ2人と現地のガイドさんも強制参加!
Teamぶっしー、突然の誕生!しかも経験なしの素人4人がいきなりオリンピックコースに
挑戦ですよ!!大丈夫なの?

DSCN3617.jpg

スタートする前に事前のレクチャーがされます。
ボブスレーにあるバーはがっちりつかむこと、頭の向け方など・・・
心配事ばかりですが、ボブスレー経験のあるスタッフの方が4人の後ろに同乗。
危なくならないようにスピードを調整してくれるんです。

IMG_3918.jpg

臨場感を皆様に少しでも伝わるようにということで、今回カナダ取材のためだけに準備した
カメラをぶっしーのフルフェイスヘルメットに取り付け。

IMG_3925.jpg

ぶっしーは最前列の特等席へ!
さぁ、カルガリーに広がる大平原を眺めながら、いざSTART!

WS000000.jpg

Teamぶっしーの結末は、9月にSuono Dolceで放送されます。
ボブスレーの後は、スキージャンプにも挑戦しちゃえ!

DSCN3673.jpg

本当にすみません・・・!
スキーのジャンプ台を使って設置された「ジップライン」に挑戦しました!
90mのジャンプ台から時速100kmで大空を飛びます。

IMG_0086.jpg

ジップラインは到着時の衝撃が大きいので、まずは小さい高さのものを使って
参加する皆さんで練習・・・。何事も練習が大事・・・。それでは本番でーす!

IMG_0088.jpg

高ーい!90mの高さです!
ここから写真の向こうに小さく見える建物まで、一気に下っていきます。

スタートする前のぶっしーの表情は・・・

IMG_3968.jpg

飛んだ後のぶっしーは・・・

IMG_0090.jpg

とても気持ち良かったそうですよ!
こちらもぶっしー目線の映像を収録しましたので放送当日をお楽しみに!


さて、私たちはカナダ・オリンピック公園を離れ、
カルガリー市街のスパ「Sante Spa(サンテ スパ)」に到着。

DSCN3737.jpg

カルガリーで人気のスパを早速取材!
入ってみると受付はなく、1台の機械が設置されていて、そこで受付を行います。

DSCN3738.jpg

これは、受付する時からくつろいでもらえるように、あえて機械を設置したとのことで
カルガリーでは初めてなんだそうです。待合室にある絵や植物もカルガリーの
もので揃えていて、待合室からリラックスできる環境が整っています。

さらに中を覗いてみると・・・

DSCN3742.jpg

とっても落ち着いた雰囲気。取材スタッフもmmm,,,
いやしっかりこの良さをお伝えしなければ!!

今日ぶっしーが体験するのは、フットマッサージ・60分のコースです。
担当してくださるのはジャスリンさん。

DSCN3750.jpg

オレンジオイルなどを使って丁寧に足をもみほぐしていきます。

DSCN3771.jpg

横になったぶっしー。お店の方は「たぶん寝るでしょう」といっていましたが・・・
少しでもリラクゼーションできる環境を整えるため、撮影部隊もここで部屋の中から退出です。

60分後・・・マッサージを終えたぶっしーは・・・

IMG_4025.jpg

とっても満足そう!良かったー!


明日カナダ取材3日目はカルガリーからバンフへ出発。
カナディアン・ロッキーの大自然がぶっしーを待っています(言い過ぎかな?)
日曜日は混雑するということなので、早めにカルガリーを旅立ちます。

今日はこの辺りで。明日のレポートも、どうぞお楽しみに。
一昨年の秋、昨年の夏に続き、2度あることは3度ある!
というわけで再びぶっしーカナダ取材敢行!

IMG_0039.jpg

今回もカナダの魅力を皆さんにお届けするため、ぶっしー全力で頑張ります!

そしてカナダ取材中、同行スタッフの私が取材日記を毎日お届けします!
どうぞ、宜しくお願いします!

今回はアルバータ州のカルガリーとバンフを訪れます。
まず最初に訪れたのはアルバータ州カルガリー。
「冬季オリンピック」が開かれたこともある街。
かつては多くのカウボーイが闊歩していましたが、
今では石油などの化石燃料の発掘によって、更なる発展を遂げ、
高層ビルが立ち並ぶ近代都市に。

IMG_0042.jpg

街並をのぞくと、ゆったりとした雰囲気が流れています。

IMG_0059.jpg

今回カルガリーで宿泊するのは「ザ フェアモント バリサー」。
カルガリーの中でも最高級のホテルです。

IMG_0050.jpg

写真からも優雅な雰囲気が・・・伝わっているでしょうか?
そして、お部屋にはこんなものがありました!

IMG_0051.jpg

カウボーイのハットをかたどったチョコレート。なんて素敵なんでしょう!


ホテルのチェックインを済ませた私達が、カルガリーにある美味しいレストランを
ご紹介したい!ということで早速向かったのが「ROUGE(ルージュ)」という
フランス料理のお店。

IMG_0063.jpg

この写真を撮影していたら雨がパラパラ。
あいにくの撮影になるかと思われましたが、ガイドさんから
「カルガリーは標高1,100mで山の天気。雨が降ってもすぐ止むよ」との言葉。
その言葉通り、10分後には雨がやみ、青空が戻ってきました。

さて、「ROUGE(ルージュ)」は、レストランの敷地の中に畑があり、
そこで育てたお野菜を使って、お料理を提供しています。
太陽とお水だけで育てたというまさにオーガニック!

DSCN3545.jpg

敷地内だけでは料理に使う全ての野菜が育てられないので、
カルガリー近隣の農家さんから仕入れているそうです。
お肉はアルバータ州産のお肉、地元の食材がふんだんに使われています。

IMG_0065.jpg

お店のオーナー、Olivier Reynaudさん。
他にもいろいろ候補の場所はあったけれど、最も可能性を感じて
この地にお店を開いたんだそうです。

この時期は建物の外で、お料理を頂けます。
テントが大きかったり、シャンデリアがついていたりするのは、
結婚パーティが多く開かれているからです。
プロポーズにもこのお店がよく使われているらしい・・・ですよ。

それでは、お料理を頂いちゃいましょう!

DSCN3563.jpg

の前にワイン・・・!とても飲みやすい口あたりです。

DSCN3565.jpg

まずはサラダから。一部のお野菜は揚げてあります。
このサラダが・・・今まで食べたことがない!という位の美味しいサラダでした。

続いてはカナダでは有名なお魚、ハリバットとお店のお野菜を使ったムニエル。

IMG_0080.jpg

ヘーゼルナッツを使ったソースと、ハリバット、お野菜が見事にマッチしています。

DSCN3572.jpg

予定には無かったのですが、おまけでデザートも頂いちゃいました!

DSCN3577.jpg

最後にOlivier Reynaudさんとツーショット。

IMG_0082.jpg

ご好意で、お店の壁にぶっしーがサイン!

DSCN3553.jpg

Olivier Reynaudさん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!!

さて、明日はスキージャンプ台の頂上から時速100kmで駆け抜ける!
というスリリングなアクティビティにぶっしーが挑戦します!


なお、今回の取材の模様は、9/13(金)・20(金)・27(金)の
「Cafe Dejeuner」(カフェデジュネ)内で3回に渡って映像でもご紹介する
予定です。
どうぞお楽しみに!

それでは取材日記1日目はここまで。日本出発からの長い1日でした。
また、明日も読んでくださいね~!