犬伏まりカナダ取材レポ2012 -5日目は更なる市内めぐり-

ぶっしーのカナダ現地取材、
同行スタッフが勝手に更新しているレポートもいよいよ実質ラストの5日目。
「ケベック・シティ」の更なる魅力に迫ります。


午前中は車で市内を巡ります。

DSCN2808.jpg

"世界一写真を撮られるホテル"とも言われる、
「フェアモント・ル・シャトー・フロントナック」の前で一枚。相変わらず凄い。
高台に位置するその景観・デザインとランドマークとして、
この日も周囲は観光客でいっぱい。


続いて向かったのは「ケベック城塞」
現在は軍隊の駐屯地としての役割がありますが、観光スポットとして有名。
そして城壁からの景観はこれまた格別。

DSCN2823.jpg

ホテル方面を見るとこんな感じ。セントローレンス河も眼下に広がっています。


DSCN2829.jpg

今日は偶然にもケベック市制誕生404年の記念日
衛兵の隊列・行進も見ることが出来ました。


お昼は郊外へ車で20分ほど移動し、ナカサコさんお勧めのサンドイッチ店へ。

DSCN2836.jpg

「Picardie」という名前のようです。


DSCN2858.jpg

ロブスターのサンドイッチをテイクアウトし、
セント・ローレンス河沿いにあるベンチで食べました。
公園ではないですが休憩スポット。癒されます。
何より味が最高。濃厚なロブスターがしっかり入っています。
現地の美味しい食事は現地の人に聞くのが一番ですね。


そして午後は今日のメインイベント。
ケベックの歴史と美食を巡る散策ツアー「Tours Voir Quebec」へ。
その名の通り、ガイドの方に案内されてケベックの歴史を学びながら、
実際に街で営業している各店舗を伺い、試食しながら食文化を体験します。


IMG_2228.jpg

IMG_2066.jpg

写りこんでしまったナカサコさんは気になさらず。

インフォメーションセンターで申し込みをして、ガイドの方と合流。

IMG_2080.jpg

行程の説明を受けた後出発です。なみにガイドの方はフランス語・英語どちらもいます。
今回はナカサコさんがフランス語の通訳をしてくれましたが、
個別旅行で英語のガイドさんに付いてもらって回ることも可能です。

DSCN2908.jpg

一軒目から早速試食。内容は店舗によって様々です。
基本的にはオードブルをはじめ「一口サイズのもの」を当日検討で各店舗が準備し、
順番に各店を回って試食していきます。

DSCN2940.jpg

場所によってはこのようなオードブルが出てくるところも。


DSCN2938.jpg

メープルシロップ専門店では、メープルシロップの出来るまではもちろん、
さまざまな形に加工されているメープルシロップ関連商品を試食させてもらいました。


IMG_2110.jpg

IMG_2127.jpg

IMG_2147.jpg

行程にはスーパー・ワインセラー・スイーツ店などもあり、
ワインやチーズ、お菓子の試食も可能です。


私たちは計6軒を回りました。最大7軒くらいのようです。
ケベック・シティに行かれる場合は、ぜひこのツアーを、
そして出来れば旅の前半で回ることをお勧めします。
現地での食事先、そしておみやげ候補を探す旅としても非常に有意義な時間です。
ツアーを受け入れてくれる店舗ですから、自慢の味をご用意してくれています。
回ってみて気に入ったら後日購入しに行くとさらに効率的ですね。


ガイドさんとお別れし、続いては夕食。ただ試食した後なので軽めに。
するとナカサコさんが、クレープの美味しい店を紹介してくれました。


IMG_0392.jpg


DSCN2961.jpg

私が頼んだのは、ローストビーフやオニオン・マッシュルームなどが入ったクレープ。
またこれが絶品。ナカサコさんには足を向けて寝られません。


夕方以降も驚きの事実があったのですが、
それはまた別のお話「こぼれ話集」としてまとめます。後日ぜひご覧ください。
ヒントは「ケベックに今長期滞在中の日本人同士が出会った」です。


さて明日はいよいよ帰国です。移動ばかりなので、更新は日本で行います。