2011年10月アーカイブ

ぶっしーことモデルの犬伏まりちゃんとお届けする
カナダ トロント現地レポート!

4日目の本日は、これまでの都会をちょっと離れ
ナイアガラの滝まで足を伸ばしました!

トロントから車で一時間半ほどで到着するナイアガラ。
ちょっとお天気が心配でしたが、なんとか雨も降らず!
あの有名なナイアガラの滝を間近で見ることができました!

P1010364.jpg

想像を絶する景観にぶっしーも驚き!!!

P1010367.jpg

ナイアガラの滝は、カナダのオンタリオ州と、アメリカのニューヨーク州を分ける国境。
実は、アメリカ側から見られる景色と、カナダ側から見られる景色は別ものなんですよ!
上の写真はもちろんカナダ側からの眺望!
迫力ある至近距離で見られるのは断然こちらだそう。

P1010371.jpg

実は今回ナイアガラの滝をさらに近くで見られると聞き、湖から滝へと向かう
船に乗りこんだぶっしー。余裕の表情でしたが、、
↓↓↓

P1010372.jpg
船が戻ってくるときにはなぜかこんな表情に!!!びっしょびしょ!!?
詳しくは、Suono Dolceの放送でお伝えしますのでぜひお楽しみに!

ナイアガラの滝を楽しんだ後は、
カナダの名産品のひとつ、アイスワインをいただけるワイナリーを訪れました。

P1010379.jpg

こちらがそのワイナリー。すぐ横には広大なぶどう畑が広がっているんですよ。

P1010406.jpg

ワイナリーの地下倉庫に案内され、早速試飲会の始まりです!
3種類のアイスワイン飲み比べをさせていただきます。

P1010399.jpg

濃厚な甘さにうっとりするぶっしー。

アイスワインとは、普通のワインとは全く製造方法が異なるワイン。
雪が降るような寒い時期までぶどうの収穫を待ち、畑で凍ったぶどうを収穫。
そのぶどうを使ってワインを作ることで、
信じられないような甘さのワインができあがるんです。

P1010383.jpg

その甘さと濃厚さから、食前酒としてよく飲まれているアイスワイン。
今回はアイスワインの魅力をさらに知ってほしいと、アイスワインを使った
お料理をシェフにふるまっていただきました。
お料理好きのぶっしーは興味津々。熱心にレシピをメモっていましたよ!

P1010413.jpg

おいしいワインでおなかが満たされた後は、ワイナリーからさらに
車で30分ほどの所にある、ナイアガラ オンザ レイク という素敵な街を訪れました。

P1010424.jpg

都会の喧噪とはうってかわって、落ち着いた小さなかわいらしい街。
1840年代に建てられたイギリス風の歴史ある建物が現在でも多く見られることで有名です。
ウィンドウショッピングだけでも楽しくなってしまうようなショップもたくさん!

P1010432.jpg

美しい公園や、ゆったりとした自然の中を散歩すると、
都会とはまた違う、カナダの魅力が見えてきます。

P1010414.jpg

現地からのカナダレポートいかがでしたでしょうか?

リアルタイムレポートはここまでとなりますが、
カナダの魅力はこんなものでは語り尽くせません!!

今回の取材の模様は11月のSuono Dolceで詳しく放送します。
3回にわたり、ぶっしーがはりきって生放送でカナダの魅力をお伝えする予定ですので、
ぜひお楽しみにお待ちください!!!


ぶっしーこと犬伏まりちゃんとお届けする
カナダトロント現地リポート!
3日目となる今日はついに最先端のファッションイベント
「TORONTO FASHION WEEK」のご紹介です。

P1010233.jpg

とその前に。夕方から始まるファッションショー本番前に、
まずは靴のミュージアム、「BATA SHOE MUSEUM」を訪れました!
P1010227.jpg

BATA SHOE MUSEUM
327 Bloor St. West

BATAさんという女性が一人でコレクションした(!)靴の数々が寄贈され出来た
女性にはたまらない、13000足を超える靴を所蔵する靴のミュージアムです。

P1010207.jpg
なんと今回は、普段公開されていない倉庫内も見学させていただきました!
その膨大な靴の数にぶっしーも言葉を失っています。
P1010223.jpg
こちらは、大昔のスケート靴の車輪部分。ラバーでできているそう。
貴重な靴の数々を丁寧に説明していただきます。
P1010214.jpg

ぶっしーが指差すのは有名なバレリーナが実際に使用していたバレリーナシューズ。
素敵なエピソードがたくさんつまった靴がたくさん!
詳しくはSuono Dolceの11月の放送でお伝えしますのでお楽しみに。

そして、夕方からはお待ちかね!
カナダ トロントの地で開催される 最先端のファッションイベント
「TORONTO FASHION WEEK」に潜入取材してきました!

P1010274.jpg

本日開催されるファッションショーは、合計3ブランド。
15分間のショー、3つすべてをすばらしい場所で見学させていただけることに
なりました!最初のショーはなんとRunWay2列目で見学です!

P1010305.jpg

ショー開始前の会場の様子はこんな感じ!お客様、メディア、そしてデザイナー。
すべてのハイファッションな方々が一同に集まる空間に一気に気持ちが引き締まるよう!

P1010280.jpg

ショーが始まるとそこは別世界。大音量の音楽と、カメラのシャッター音、拍手で
会場の盛り上がりはすぐにMaxに。

P1010288.jpg

こんなに至近距離でモデルウォークを見学することができました。
これまでのトロント観光から一転、一気にモードの雰囲気に包まれ大興奮。

P1010281.jpg
RunWayの端、最後部はメディア席になっているんですね。
大量のカメラマンに向かって最高のポージングを見せるモデルさん。
ひとつひとつの優雅な動きにうっとり。

P1010322.jpg

ぶっしーも目が釘付けです。

P1010312.jpg

そしてスペシャルなことに、今回なんと我々取材チーム、
ショー終了後のバックステージに入れていただき、
さらにはデザイナーさん本人にインタビューまですることができました。

インタビューの様子、
そして世界の最先端の空気をトロントで感じる
とっても刺激的なファッションウィークイベントの模様は、
11月のSuono Dolceでご紹介しますので、ぜひお聞き逃しなく!

ちなみに、カナダトロント取材の模様は、
ぶっしー本人もTwitterでつぶやいています。
アカウントは、@BUSSYmari ぜひ皆さんフォローしてみてくださいね!
ぶっしーこと、犬伏まりちゃんとお届けする
カナダ トロント現地リポート!

2日目となる本日は、トロントの街をぐるっとお散歩してみました!


P1010119.jpg
本日まず訪れたのがこちら!
「セント ローレンス マーケット」
200年以上も前からトロント市民の台所としてにぎわってきたマーケットです。
なんとこちらの建物、初代市庁舎を改築して建てられたそう。
赤レンガの外観が素敵です。

P1010101.jpg

中に入ると、お料理大好きなぶっしーは大興奮!
2階建ての店内には野菜や肉、魚など地元でとれた新鮮な食材をはじめ、
人気のデリカテッセンやベーカリーが並びとっても活気があります!

P1010115.jpg

色とりどりのオリーブや、

P1010107.jpg

こちらはお肉屋さん。豪快です。

P1010104.jpg

カナダ名物、Peameal Baconを発見!

P1010110.jpg

今の季節は、ハロウィーンを意識したかわいいお菓子もたくさん売られていました。
ぶっしーはお気に入りをたくさん見つけて、マーケットで何やら買い込んでいましたよ!
ゲットしたアイテムは、11月のSuono Dolceの放送でご紹介できるかも、、!

P1010096.jpg

そして、本日次に向かった先は、トロントのシンボル。
「CNタワー」です。高さは553メートル!
街中のどこからでも見つけることが出来るまさにシンボルです。

P1010139.jpg

今回は、展望フロアよりさらに上に位置する
「360 Restaurant」でお昼ご飯をいただくことになりました!

P1010151.jpg

360度、窓に面していて、トロントの風景が一望できます。
高層ビルと、自然いっぱいの公園、そして広大な湖。
自然と都市が混在した景色は圧巻です。

P1010144.jpg

そして写真でお分かりでしょうか??
実はこのレストラン。なんとレストラン自体が回転しているのです!!!
360度一周、70分。
窓際の席に座るとどんどん目の前の景色が移り変わっていきトロントの風景
すべてを楽しむことができるんです!


P1010158.jpg

素敵な景色とおいしいお料理にぶっしーも大満足!

P1010160.jpg

ぶっしーがいただいたのはこちら。
ベーコンや野菜と一緒に重ねられているのはなんとお豆腐!ヘルシーです。

P1010155.jpg

ちなみに、スタッフがいただいたこのレストラン名物のシーザーサラダがこちら!
360Restaurant をイメージしているようで
タワーのように野菜が重ねられていました!

P1010166.jpg

最後はデザートまでいただいて大満足!
後ろの景色はすっかり湖一色になっていますね。

高層ビルと自然が一体となっている、トロントの街を
本日も楽しみ尽くしたぶっしーでした!

明日はついに、トロントで開催されるファッションウィークの
取材模様をご紹介する予定です。ぜひお楽しみに。

ちなみに、カナダトロント取材の模様は、
ぶっしー本人もTwitterでつぶやいています。
アカウントは、@BUSSYmari ぜひ皆さんフォローしてみてくださいね!

みなさん、こんにちは!

カナダ、トロントで開催される最先端のファッションイベント
TORONTO FASHION WEEK」皆さんご存知ですか?

このイベント、そしてカナダトロントの街全体の魅力をお伝えすべく、
実は今!!!月曜日TokyoAfter6「リュクス丸の内」のコーナーを担当している
モデルの犬伏まりちゃんが、現地に取材に行っております!

top.jpg

Suono Dolceの放送では、11月に皆様にお伝えする予定のこの企画。
ちょっとだけ早く皆様にお見せしたいと思い、
現地からブログでレポートをアップしていくことになりました!
4泊6日のカナダトロント取材の模様、ぜひお付き合いください。

P1010039.jpg

初回のご紹介は、今回の滞在先ホテルです!

「パーク ハイアット トロント」
カナダ M5R 2E8, オンタリオ州, トロント, 4 Avenue Road,
http://www.hyatt.com/hyatt/wwg/hotels/torph/index.jsp?language=ja
 
ヨークヴィルの中心に位置する、贅沢なオアシス。パークハイアットトロント。
その贅沢な佇まいにため息が出ます。ロイヤルオンタリオ博物館の向かいに
位置していて、アクセスも最高です。

P1010069.jpg

今回、まりちゃんが宿泊したのはこちらのお部屋。ドアを開けると、、?

P1010070.jpg

とっても広いリビングルームがお目見え。2人がけソファと1人がけソファ、
オットマン付きのソファと、3台のソファが!

P1010079.jpg

リビングルームのテーブルには、Welcomeのご挨拶と、リンゴが1つ。
とってもすてきな演出です。

P1010082.jpg

そしてリビングルームの奥、両開き扉をあけるとそこには広いベッドルームが。

P1010043.jpg
あまりの贅沢さに、夢中で写真をとる犬伏まりちゃん。
(と、今回の旅に同行してくださっている代理店の荻原さん)

P1010059.jpg
ベッドルームはこんな感じ。
女性なら一度は泊まってみたい、高級クィーンサイズのベッドに、
奥にはLANも完備されているデスクがあります。

P1010068.jpg

後ろから撮影するとこんな感じ。本当に広いです!!!

P1010063.jpg
さらになんと寝室の奥にはお部屋がまだ続いています。
寝室を抜けるとそこは洗面台&バスルーム。大理石が美しいです。
P1010065.jpg
バスルームは、バスタブとシャワールームが別という、リュクスな造り。
広いクローゼットと素敵なアメニティもそろっていて、うっとり。

P1010041.jpg

ちなみに、同行していただいている荻原さんのお部屋をちょっとのぞかせてもらうと
こんな感じでした!男性のお部屋だからでしょうか?
青を基調としていて全然違うイメージ。こちらもとっても素敵です。

P1010042.jpg

こちらも大きなソファとデスクがあります。
お部屋ごとに、インテリアが総合コーディネートされているんですね!!うっとり。

いかがでしょうか?
一度は泊まってみたい!パークハイアットトロントホテル。
魅力伝わったでしょうか?

次回は、トロントと言えばこの場所。「CNタワー」の様子をお伝えする予定です。
ぜひお楽しみに!

sGG_main.jpg

バッハの斬新な演奏で世界を魅了した天才ピアニスト、グレン・グールド。
50 歳という若さで逝去した彼の知られざる本質の謎に焦点をあて、
グールドを愛した女性たちの証言で真実に迫るドキュメンタリー。

10月29日の劇場公開に先がけて、
SuonoDolceをお聴きの皆様の中から
 5組10名様 一般試写会に特別ご招待いたします! 

 

【試写会概要】
■上映作品:グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独
■ご招待人数:5組10名様
■日時:10月25日(火)15:00開場 15:30開映
■会場:渋谷アップリンク・ファクトリー
(渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
http://www.uplink.co.jp/info/map.html
Tel: 03-6825-5502


【ご応募方法】
必要事項を記入の上、< film@uplink.co.jp > までご応募ください。
(1)お名前
(2)希望人数 [1名様、または2名様のどちらか]
(3)ご住所 [市町村名までで結構です]

以上3つの要項をすべて明記の上、
件名を必ず「TOKYO AFTER6試写会応募」として
< film@uplink.co.jp >までメールでお申し込みください。

※応募締め切りは、10/21 21:00です!!!


【注意事項】
■応募はお一人様一回でお願いいたします。
■会場までの交通費は自己負担となります。
■上映後に簡単なアンケートにご協力をお願いします。(作品の感想などの無記名方式)
■本編の前に予告編などの上映はございません。15:30より本編がスタートします。開映後のご入場は出来ませんので、時間に余裕を持ってご来場ください。

【お問い合わせ】
本作、および試写に対するお問い合わせはアップリンクまで
Tel: 03-6821-6821