好きな場所の最近のブログ記事

今日は、プライベート丸の内!

ブリックスクエア2階にある超人気店

mikuni 丸の内 M1.jpg

ぶっしーとしては、イベントや取材でよく伺っている大好きであこがれのお店なんですが

なんと「女子会」があるのをご存知でしたか?!

 

「でも、丸の内でフレンチであのミクニ・・・1万円を超える高級コースなんでしょ?!」

と思っていたら7000円でコースメニューをいただけるんですって?!!!??

 

この衝撃!!!

 

あの空間で?

東京野菜や地産地消に基づいて素材や食材にこだわったミクニ丸の内で?!

 

これは、みなさんにご紹介したい!ということで、実際にミクニ丸の内で女子会を決行!!

 

丸の内はイルミネーションでキラキラしていて、仲通りを2階から見下ろせる開放的な店内

HanahiroCQ細沼さんプロデュースのお花のアレンジ M13.jpg

本日も、春を先取りしたファッションのようなパステルとビビットカラーを組み合わせたアレンジ

全体的なバランスもさすがハナヒロさん!さすがです!

 

さて、空間は二重丸どころか五重丸!ですがお料理は??

 

ここで、ぶっしーがいただいたコースメニューを順次ご紹介

アミューズは赤かぶのムース IMG_0580.jpg

まるでデザートのような色合いは赤かぶ。ビーツのナッツを上にあしらってクリーミーで

香りのいい色鮮やかなひと品

 

フランス産ホロホロ鶏のソテー M5.jpg

サクッと軽くソテーされたはお芋をサンドしホクホクの食感とジューシーな鶏肉の食感がいい!ベーコンでまいていて、香ばしさと香りも楽しめる

酸味のいいマスタードベースのソースを少しずつ付けて食べるとまたいい!

付け合せの野菜のしっかりとした色、厚み、味わい

ミクニの野菜には本当に感激させられます

 

メインのお魚は気仙沼産のカジキマグロのソテー M7.jpg

そらまめの色合いがとっても綺麗!

松の実のコクとカジキマグロのしっとりとした食感がたまりません!

ソースがとてもシンプルなのに旨みがあってけっして素材の味わいを邪魔しない。

このあたりはさすがです

 

お肉は、いい色合いに熱が通ったお肉を♥ IMG_0586.jpg

とにかく、ほどよく柔らかく、脂肪分が少ない上質なお肉

魚も頂いたのに、お肉も入っちゃうんですけどーーーーーーー♥

な、ぶっしーです

野菜の種類、量のバランスがとってもいいんです!

フレンチのコースって、けっこうボリュームがあって食べきれないなんてことあると思うんですが

不思議と食べられちゃう!

 

そして、女子会じゃなくとも肝心なのがデザート IMG_0587.jpg

綺麗な絵皿に木いちごのケーキが素敵!

今回、特別に仕上げていただいて・・・・・

 

ん? M9.jpg

とく見ると、絵皿じゃない?!

なんとお皿の絵まで描かれていました!!!

 

これには、もう大興奮!! IMG_0590.jpg

木いちごの甘酸っぱさがソースとクリームに合わさり、何とも幸せ気分にしてくれます

 

パンやお塩、バターにもこだわりにこだわって M6.jpg

これを食べたお客さんが「どこで買えるの?」と質問されるそうです

確かに!違う!

M11.jpg

美味しいお料理と楽しいトークが炸裂で楽しすぎる女子会

この「ちょっとはしゃげちゃう」感じもミクニ丸の内の魅力

ぜひ、この機会に美味しいお料理を仲間と共有して素敵なお店ミクニ丸の内で女子会をしてみては?!

 

丸の内は結構プライベートでも利用

 

友人と待ち合わせしやすい交通の便のよさ

に加えて、お店おバリエーションがいい

のと、心地のいいシーンがあるので♥♥♥

 

以前、ご紹介した丸の内仲通りに7月にオープンしたお店「カフェ・サルバドル」

カフェ・サルバドルは、紹介したらみんな大満足のお店

コスパもいいし、居心地のいい店内

適度に人の出入りがあって、そういう人の流れがとっても心地いいんです

カフェサルバドル.jpg

なんといってもおすすめは

瓶でたっぷり飲めるオリジナルジュース!

これ一杯が500円!!

女子的には、じっくりトークに飲み物は必須!

この量は嬉しいですよね?!

WiFi環境も万全、PCもあるのでちょっとメール。ちょっと検索なんていうのも可能

 

海外雑誌も揃っててとってもおしゃれですよ

コーヒーも本格的!

居たい時に

居たい場所を提供してくれるカフェです

 

 

ふふ♥ぶっしーのおすすめ丸の内ショップはたくさんありますが

今後も少しづつご紹介していきます♪

 

なんと、この日は丸の内でカフェのはしごしたのでした(笑)

 

DSCN0041.JPGベランダ作りに少しハマり中です

 

バルコニーに広さがあるのでせっかくだし

観葉植物でも育ててみようかと・・・・

リビングからの眺めもいいし、今年のお誕生日に親友からもらったキャンドルランプも絵にります

 

今日届いたのは、目隠し代わりに青山の花屋さんアームブランジュの中川さんに取り寄せてもらった

DSCN0034.JPG「シマトネリコ」

葉が細かく、木漏れ日が心地よい高木です DSCN0035.JPG

 

他にも、定番のアイビーやハーブのユーカリ、ローズマリー・・・

そうそう、昨日は200円のバラの苗も買いましたよ

 

だんだんと、らしくなってきたでしょう~(*^_^*)

DSCN0036.JPG春には、お花も増やしていこうと考え中ですよ

 

DSCN0038.JPGまた、お花が増えたらご紹介します♪

CIMG4260.JPG初めての富山

富山に赴任している友人によると

食べ物は美味しいし、住みやすくていい街なんだそう。。。

CIMG4259.JPG

羽田から飛行機で1時間もかからないほど

あっと言う間に富山に到着

空港を出ると、雪化粧した立山連峰がお出迎え!

すごーーーーい

紅葉に、雪をかぶった見事な連峰。

初めての富山!

 

CIMG4261.JPG

知人のお店を訪ねて、美味しご飯も頂きました

CIMG4272.JPG富山では

カジキの事を「サス」というそうで、生姜で食べるんですって

これもなかなか美味しいの!

 

 

CIMG4262.JPG

富山城の側を散歩してれば、こんな路面電車に遭遇

CIMG4266.JPGめっちゃかっこええやん!!!

環状線の路面図には「丸の内」も!?(笑)

CIMG4268.JPG大人300円

ちょっと乗ってみる事に・・・・・

 

レンタカーを借りて、氷見の方へ行った際にはこんなものを発見↓

 

 

CIMG4275.JPG氷見は藤子A不二雄さんの出身地なんだとか

怪物くんや忍者ハットリくん、笑うセールスマンなどの作品やキャラクター像、トキワ荘の再現など

CIMG4288.JPG

CIMG4282.JPG藤子作品が沢山

氷見は ブリだけじゃなかったんだ

CIMG4277.JPG

帰りには 氷見うどん(ちょっと細麺のうどん)を食べて帰ってきました

 

 

 

富山では、海鮮よりもうどん三昧

富山市役所近くの「鶴喜」といううどん屋さんは、安くておいしいかったですよ

CIMG4289.JPG次回は、富山ブラック(ラーメン)食べようかな。。。。

 

東京から意外に近い素敵な富山でした

 

映画「RAILWAYSⅡ~愛を伝えられない大人たち」の舞台にもなっていますよ

 

CIMG3871.JPGぶっしーのカナダトロントレポ

いよいよ大詰め

ナイアガラの滝にパワーをもらい

ナイアガラ・オン・ザ・レイクで英国様式の街をのんびり散策

CIMG3874.JPG

 

 

そろそろ、美味しいのもを頂きたくなりますよね??

そうです!カナダと言えばメープルシロップとあらんで有名なものがあります

 

そう

アイスワイン

 

 

CIMG3879.JPGオンタリオ湖のほとりナイアガラ・オン・ザ・レイク周辺は有数のワイン産地

中でも、アイスワインは世界的評価が高いんですよ

今回 ぶっしーが訪れたのは

Inniskillin

という有名なワイナリー

CIMG3884.JPG遠くまで広がるブドウ畑の中にこじんまりと佇むワイナリーです

アイスワインとは、氷結したブドウから作られるデザートワインのことで一定の条件が揃った深夜

極寒の中丁寧に手積みされる貴重なワイン

ブドウ1房からスプーン1杯分しか採れないのだから、アイスワインを1本作るのがどれだけ大変かわかりますよね

CIMG3881.JPGワイナリーで最初にいただいた アイスワインのスパークリング

実はぶっしー、アイスワイン初体験

カナダで初めてのアイスワインデビューです(贅沢でしょ??)

まず、一口目 驚くほどの CIMG3880.JPG甘さ。人工的な甘味ではなくブドウ本来の甘さを究極まで極めた芳醇な甘さ

そのあとに、広がる ワインの香りにとろけちゃいました

 

CIMG3899.JPG続いてシェフによるアイスワインを使った料理に舌鼓

CIMG3900.JPG

 

帆立とベーコンのソテーにアイスワインのソースを添えて

淡泊な帆立に、ベーコンの塩気、アイスワインとバターの甘みとコクがよく合います

これは、いつかぶっしー食堂で作らねば!!としっかりメモ φ(..)メモメモ

CIMG3902.JPGワイナリーでワインについてお勉強しながらランチタイム

ワイン好きにはとっても贅沢な楽しみ方ですよね

CIMG3907.JPG

食事を終えたら、ワインを貯蔵している倉庫へ

この鉄格子が風格ありますね

この倉庫の中には、年代別にアイスワインやワインが熟成されてるんです

温度や湿度管理されたワイン貯蔵にてきした場所

CIMG3891.JPG

場所と言えば、ここナイアガラ・オン・ザ・レイクはアイスワイン造りに適した場所なんですって

オンタリオ湖の冷たい空気が丘にあたり循環するところだそうで

この環境があるからこそ カナダのアイスワインは世界的にも高評価を得られるんですね

 

さてさて、ワイナリーでの楽しみはまだまだ

 

CIMG3910.JPGこのワイン蔵のなかで テイスティングができるんです

CIMG3912.JPGRIEDELがアイスワイン用に作ったワイングラス

そして、日本では入手困難な赤のアイスワインを・・・・シェフがそれぞれのワインに合わせて作った料理とともに飲み比べ

CIMG3913.JPG

 

 

 

うす暗い煉瓦作りのワイン蔵の中で、絶品のアイスワインをテイスティング

CIMG3921.JPGこの雰囲気は是非皆さんにも味わってほしい

アイスワインが一層美味しいこと

CIMG3922.JPG

美味しいものを頂くには、その雰囲気も味のひとつ

旅の醍醐味は、その雰囲気を味わえるところですよね

 

ワイナリーでは飲みきりサイズの小さいワインもありますのでお土産にもピッタリですよ

 

久しぶりに

≪旅のこぼれ話≫

CIMG3868.JPGワイナリーへ向かう途中、こんな教会を発見

ウエイサイド・チャペル

世界で一番小さな教会で実際に挙式も出来るんですって

ブドウ畑の中にある小さな可愛い教会・・・・絵になりますね~

絵本の中のような素敵な場所ですよ

 

 

 

そして、そして、

CIMG3924.JPGまだまだ間に合う

トロント旅行が当たる素敵なキャンペーン

今すぐ下のURLへアクセス 

www.winter-toronto.jp

もしくは

「とびっきりの冬 トロント」で検索!!

 

 

CIMG3925.JPGぶっしーのカナダ トロントレポ

 

ナイアガラに続きご紹介したいのは

ナイアガラ・オン・ザ・レイク

オンタリオ湖の湖畔に佇むビクトリア様式の街

CIMG3927.JPG

 

日本の軽井沢の様な雰囲気

紅葉の美しいこの時期は、色付いたメープルの木々や紅葉樹が本当にキレイ

 

CIMG3928.JPG街は観光スポットということもあり馬車なんかもいて

雰囲気ありますよねーーーー

ここは、1792年英国領時代にオンタリオ州の最初の州都が置かれた場所

ということもあり、英国風の町並みが残る観光地なんです

 

 

 

CIMG3929.JPG中心街のクイーン通りは200mほどなので半日あれば充分楽しめますよ

他にも、小さな町には ロイヤル。ジョージ劇場や歴史的建造物があります

小さな雑貨屋さん、メープルシロップやアイスワインのお土産屋さん、レストランやカフェなど

CIMG3934.JPG

ナイアガラまで足を延ばすなら ちょっと寄り道気分で立ち寄って欲しい場所

「カナダ」の印象をまたちょっと変えてくれる

CIMG3936.JPG19世紀のビクトリア様式の街をお散歩~なんていかがですか?

 

 

 

CIMG3937.JPGメープルの葉をお土産に持ち帰るのもいいですね♪

 

 

CIMG3938.JPG

カナダ トロントへの旅が当たるビッグチャンス!!

締切は11月30日

今すぐ 下のURLをクリック

www.winter-toronto.jp

または

「とびっきりの冬 トロント」で検索を

CIMG3818.JPGぶっしーのカナダトロントレポ

 

3週にわたってお届けしたカナダトロントに旅

あっと言う間でしたね!!

今回は、カナダと言ったらここ!!

ナイアガラの滝をご紹介しますよ

トロントからはバスで約2時間 CIMG3827.JPG

東京から箱根へ行く感じです

雨が心配されましたが、なんとか雲の間からは晴れ間が

国定公園の森の中でも抜けていくのかと思いきや、意外と突然現われたナイアガラ

 

噂以上に

ド迫力!!

CIMG3829.JPGカナダ滝の真横にあるテーブルロックと呼ばれる展望台からすぐ近くに臨む

ナイアガラ

落差54m、幅670m。。。。

日本では見られない桁違いの輔スケール

そして、雲のように霧のように立ち上がる水しぶき

CIMG3835.JPG

 

とにかく、どむぶらこ・・・・なんて悠長な事は言ってられない

スリリングな速さ

自然ってすごい

 

何だか、パワー貰えそう。。。

カナダ、トロントへ来るなら絶対ナイアガラへも足を延ばさなきゃ損!!

CIMG3838.JPGそして、滝壺を覗き込むと・・・・・

 

ん??

 

船(@_@;)

 

しかも?!あれにぶっしーも乗るの??

たのしそーーーーーー!!

ナイアガラにそんな楽しみ方があったなんて・・・ CIMG3853.JPG

坂を下り乗船所へ

ちょうど目の前にアメリカ滝を見ながら 船で滝つぼへと向かう人気アトラクション

薄いビニールコートでけ手渡され いざ乗船

 

 

まずは、まじかで感じる滝の音

ゴーゴーゴーッッ

ドババッバーーーーーン

 

CIMG3861.JPGすさまじい音の波の勢い

そして、雨のような嵐のような水しぶき

 

これが、凄い

予想以上に濡れるので、カメラや時計は防水対策をしておくのがマスト

 

乗り込んだ、観光客のキャーーキャーーと楽しそうな声CIMG3862.JPG

ぶっしー達 Suono班はというと・・・・

 

完全にのまれてます(笑)

まじかに見上げる ナイアガラの勢いは 

とにかく凄いの!!

これが湖?!これが自然にできた滝?!

 

CIMG3845.JPGナイアガラパワーに ちょっとだけハラハラしながら

体験してほしいナイアガラ滝壺ツアーでした

ほんと凄いから!!冗談ぬきにずぶぬれよ

 

そして、ナイアガラは滝以外にも観光できるスポットが隣接

高さ160mのスカイロン・タワーや公園、アトラクション施設もあります

今回は、見れませんでしたが

次回 ナイアガラに行くなら 夜のライトアップされたナイアガラの滝も見ものですね

 

そして、今日は旅のこぼれ話ではなく

CIMG3837.JPGオンエアでお知らせした

クイズに答えてトロント旅行が当たる 

豪華プレゼントのお知らせ

今すぐアクセス!!

www.winter-toronto.jp

 

または、「とびっきりの冬 トロント」で検索

 

締切は11月30日!急げ-ーーーー(*^^)v

CIMG3289.JPGぶっしーのカナダ トロントレポ

一回目となる7日のオンエア、観ていただけましたか

今日のブログは・・・トロント シティーツアーのメインスポット

CNタワーをご紹介

CNとはCanadian Nationalの略

トロント市街のいたるところで観られるシンボル的タワーCIMG3295.JPG

CNタワーに登れば、トロント市街を一望できるんです

それもそのはず、、、なんと高さ593m

トロント随一の高さ

セキュリティーゲートを抜けて上層の展望台まで超高速エレベーターで上へ上へ

なかなかの早さで、気圧の変化に若干耳がついて行かない感じ・・・・

CIMG3291.JPG

 

342mの硝子展望エリアには、なななんと

この高さを 真下に見える硝子の床が!!

ひょーーーーーーーーーーーっ!!!!

CIMG3343.JPGふわふわする~

 

CIMG3342.JPG今回はご紹介できませんでしたが447m地点のスカイスポットでは全面ガラス張りなんですーーー

他にも、命綱を繋いでタワーの外周を歩けたり・・・・ハラハラドキドキの度胸試しも出来るんですよ!

CIMG3306.JPGこのアトラクション感!最高に楽しい(笑)

 

またCNタワーから見下ろす トロントの美しい夜景も絶景なんですって

アテンドしてくださった日本人の志鶴さんいわく

日本三大夜景より美しい・・・・といっても過言じゃないくらいキレイなんだとか

 

CIMG3304.JPGまだまだ

CNタワーは景色やアトラクションだけじゃないんです

地上351m地点にあるレストラン360

CIMG3308.JPGフレンチスタイルのレストランでなんとここのウリは、動く床!

72分をかけてタワーを一周し、食事をしながらトロント市街を360度ゆっくり一望できるんです

 

写真 (4).JPG

 

 

 

さっきまでシティーツアーで巡っていた場所が模型のように小さくみえる

高層ビル群を目下に見たかと思えば、オンタリオ湖が広がる自然を眺め

都会と自然の両方の顔をもつトロントを贅沢に眺める・・・・・

写真 (5).JPGまるで雲の上にいるようです

 レストラン360で頂いたランチは、前菜、トーフのグリル、ナイアガラピーチのアーモンドタルトでした★レストランの名前360にちなんで、まーるくタワー型に盛り付けられてて可愛い~

CIMG3327.JPG

 

レストランの中にあるワインセラーには約9000本近くのワインやお酒が!

CIMG3340.JPGカナダ名産のアイスワインも味わえるのでワイン好きにはたまらないですよね

 

観光地CNタワー

CIMG3341.JPG実は、食事をするのも最高なんですよ

他では味わえない 絶景と美食、美酒・・・トロントのシンボルタワー恐るべし

 

さて、次回は学べるトロントをご紹介!!

 

つづく

 

CIMG3331.JPG≪旅のこぼれ話≫

ぶっしーがレストラン360で頂いたデザート!

「NIAGARA PEACH and ALMOND TASRT brown sugar ice cream」

って書いてあったの!

桃がナイアガラのように盛り付けていると思っていたぶっしー。。。

勉強不足でした(笑)

ナイアガラはフルーツの産地らしくブドウや桃は有名なんだとか!!

なるほど

CIMG3333.JPG出てきたデザートは、たっぷりの黄桃に甘く香りのいいアーモンドタルト

クリームと、アイスも甘いんですが 千切りのミントがとっても爽やかで甘さとのコントラストが絶妙♪

カナダへきてナイアガラ産のフルーツを見つけたらぜひ召し上がってみてくださいね

 

ぶっしーのカナダ トロントレポ 2日目

10月18日(火) am6:00

寝心地のいいクイーンサイズのベッドでも慣れないせいか、早めの起床。。。

外はまだ暗い・・・・

CIMG3194.JPGトロントの朝は7時をまわってようやく明るくなり始め新しい朝がやってきました

朝、すこしホテルの近くを散歩しましたよ

 

念の為にと持参した 薄手のダウンコートをはおりホテルの外へ

意外にも、このダウンコートでちょうどいいくらい

街も明るくなり、学生やサラリーマン、犬の散歩・・・・毎日見ているかのように自然に溶け込める。。。

まるで、現地に住んでるような顔して 地元のCafeへ

コーヒーを一つ注文してみました

(緊張しつつ、メニューは指差しだけど(笑)

CIMG3187.JPG

そろそろ、お腹もすいてきたし・・・

一度ホテルへCIMG3190.JPG

朝食は、

「朝食サラダ・2つのポーチドエッグ添え」的な感じのを注文

意外にもボリュームがあって、大満足でした

四角く切った野菜のサラダって斬新。。。ぶっしー食堂でもマネしようかな( ..)φメモメモ

 

CIMG3200.JPGam10:00CIMG3198.JPG

今日のメインは、Cityツアー

トロントの市内をバスで巡るツアーです

ホテルを出て、まずは病院街を抜けると

大きな病院が道の両脇に建っていて、人が沢山

 

バスはあっという間に病院街を抜け、街中を走ります

トロントは、今

ビルやコンドミニアムの建設ラッシュなんですって

何でも、数年のうちにNYほどの人口増加を見込んでいるとか・・・・

CIMG3228.JPG朝から忙しくトラックやクレーンが働いていました

カナダでも大きな大きな都市

「トロント」はまだまだ大きく成長しているようです

 

 

 

 

 

そして、バスは金融街へ

CIMG3274.JPGここは、特に「丸の内」のような雰囲気・・・

大手銀行や企業のオフィスが並ぶ 経済の中心地です

CIMG3279.JPG

 

 

 

 

 

 

CIMG3283.JPGそして、少し走れば

ショッピングモール、オフィス、大学、レストラン、ミュージカルホール、劇場、スポーツスタジアム

テレビ局、歴史地区が点在する

 

トロントの地名の由来は「出会いの場所」

CIMG3202.JPG

まさに トロントは出会いと発見に満ちた 宝石箱のような場所ですよ

 

バスはお昼を目前に、ガイドさんの説明を受けながら走ります

残念ながら英語は理解できなかったけど、目に飛び込んでくる全てのものが新鮮で まったく苦痛ではなかったですよ

都会的な街中をぬけ、オンタリオ湖へむけ南へ・・・・

ハーバーフロントでは、オンタリオ湖沿いにデッキが設けられ 

湖にはヨットやボートが停まっています

 

次にバスが横切ったのは、煉瓦作りの建物が残る

CIMG3721.JPGディスティラリー歴史地区

ここは19Cのウイスキー蒸留所で、現在はオシャレなショップやレストラン

若手人気アーティストのギャラリーが集まっている複合スペースになっているんです

ウエディング撮影.JPG映画のワンシーンの中に迷い込んだかのような雰囲気

横浜のようでしょ?!

ちょうど、ブライダルの撮影中

モデルさんもこのロケーションも絵になりますよね

 

ディスティラリー地区を抜けると、バスがとまりました

ついたところは、

セント・ローレンス・マーケット

地元の人が利用するマーケットらしく

スーパー好きのぶっしーとしては興味津々

中はひろーーーい市場のよう

 

na-ketto.JPGスーパーというより、小売店や卸がはいる大きなテントの中みたい

CIMG3217.JPGお肉屋さん、

野菜、フルーツ、

オリーブ屋さん、

魚、

チーズなどの食品に加え

CIMG3221.JPG

 

CIMG3224.JPGキッチン用品まで!

ぶっしーは、人参型の野菜の泥落としとメープルのクッキー型をGET

CIMG3693.JPG地下には、メープルシロップのお店や、サーモンなどお土産屋さんも・・・・

CIMG3689.JPG

海外に来ると、地元の人が利用するスーパーやマーケットへ行くのって楽しみの一つだったりしません?!

CIMG3700.JPG同じ食材なのに、不思議と違ってみえる・・・・

その中に知らない食材があったり・・・

なんだか、トロントに住んでる気分

ルンルン~~

 

CIMG3204.JPG買い物もつかの間・・・

一行は本日のメイン中のメイン

CNタワーへ・・・・

CNタワーと言えば、街中どこからでも見えるのでは?!というくらい

どこからでも見えるまさにトロントのシンボルタワー

さて、遠目にみてきたあのタワー

間近でみるとどんななんだろう

 

高所恐怖症・・・???

そ、そ、そんなの

あるわけないでしょーーーーーーーーー

次回 「CNタワーレポート」へ つづく

 

≪旅のこぼれ話≫

トロントは、街のあちこちに緑のスペースがあって

散歩中の人、通り抜ける人、座ってのんびりしてる人がいるんです

紅葉した大きな木の根元でぴょこぴょこ跳ねる生き物が・・・・

CIMG3347.JPG

 

 

リス!!!

 

日本でみるシマリスではなく、灰リスや黒リスといって猫より少し小さいくらい

・・・といってもシマリスよりははるかにデッカイ

色もシルバーグレーで忙しく木の実を食べていました

日本ではなかなか見られない光景でとってもかわいいですよ

 

 

  CIMG4066.JPG山梨県へお仕事へ行った際・・・

清里の駅前でたまたま入った珈琲屋さん

看板には ばっちり「珈琲」の文字

 

ですが・・・・

 

ですがーーーー!!

 

CIMG4068.JPG

 

 

CIMG4070.JPGお店に入ってみると 雑貨屋さんのような

ヨーロッパのアンティークな電話や、北欧風の置物、アジアンテイストな飾り

アメリカンなポスター、日本的な置物・・・・

まるで地球儀の様なお店(笑)

 

お店の名前は

『草原遊泳』

奥にいるママさん→ふきこママ

ママの入れてくれる珈琲が また美味しいの!!

CIMG4071.JPG

CIMG4084.JPG笑顔の素敵なパパさん→実はあの超人気作家の伊坂幸太郎さんの叔父さま

重力ピエロ、アヒルと鴨のコインロッカー、ゴールデンスランバーなどなど

小説も映画もチェックしているぶっしー・・・・・余りの偶然に感激でテンション

店内で見つけた滝沢牧場のアイスクリームもとっても濃厚で美味しくて

ちなみに、左の女性はその滝沢牧場の方

なんだか、素敵な出会いのあった珈琲屋さんでした

 

CIMG4081.JPG山梨は自然豊かで、紅葉も美しく

とっても素敵なところでした~

清里へいらした際は「草原遊泳」行ってみてくださいね!!

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

profile

犬伏まり (いぬぶしまり)

数々の雑誌、CMに出演するモデル。オスカープロモーション所属。血液型はO型。特技は、車の運転、阿波踊り、英検準2級。2008中日韓『友好大使』国際スーパーモデルコンテスト活力友好大使賞(審査員特別賞)。