2013カナダ・カルガリー/カナディアンロッキーの最近のブログ記事

バンフの街はとても小さな街

写真 2013-08-26 9 26 15.jpg

カナディアンロッキーの観光の中心地としていつも賑わっていて

レストランやカフェ、ショップ、ホテルなどの宿泊施設の他に、スーパーや病院学校もある

小さな街は、何でも揃う便利な街でもあるんです

写真 2013-08-26 10 43 07.jpg

軽井沢の様な雰囲気もあり

小さなおとぎの国に来たみたい!!

写真 2013-08-28 10 23 38.jpg

ここでは、名物スイーツのビーバーテールやキャラメルアップルを食べ

アルバータビーフに舌鼓

これが美味しくて!!

写真 2013-08-28 10 21 08.jpg

ビーバーテールは、揚げパンにお好みのチョコやメープル、アイスなどトッピングを選び組み合わせるスイーツ!

サクッと揚げたての食感とソースがやみつき

写真 2013-08-28 9 54 46.jpgキャラメルアップルは、バンフに留学してた友人にも勧められていたんだけど、

青りんごのさわやかな甘さと酸味に、キャラメルのコーティング!日本でいうとりんご飴みたいな感じかな

写真 2013-08-26 11 56 27.jpg

アルバータビーフは上質な赤みと味わい深い肉のジューシーな味が最高!!

脂身が抑えられ、肉の美味しさを余すことなくいただけました!!!!

 

実は、もう一つ。。。。ここで好きになったのが

写真 2013-08-24 11 38 20.jpg

ヤム芋のフライドポテト!!!これ日本でも食べたい!!

甘味のあるヤム芋を細切りにして揚げたもの。

塩気と甘さがたまりません!!

写真 2013-08-28 22 34 07.jpg

歩いていると、虹が出ていて

カナディアンロッキーを間近に望むバンフでは美しい星空と、虹、晴れ渡る青空がすぐそこに。。。

写真 2013-08-26 9 32 47.jpg

あぁ、こんなところですみたいなぁ~~

冬にはスキーヤーが集まるバンフは一年を通して人々を魅了する素敵な街でした

 

写真 2013-08-27 1 21 41.jpg

 

今回のカルガリー、カナディアンロッキーの旅

ぶっしーはカナダ3度目の旅でした。

今回は、街の魅力ももちろん、そこにカナダの大自然を味わうアクティビティーが沢山盛り込まれ

日本やほかの都市では決して体験できないカナダならではも魅力を感じられたと思います。

カナダって、何度来ても魅了される不思議な国

写真 2013-08-26 10 25 17.jpg場所によって、都市によっても表情が違い

海も山も、川も、街も田舎も都市もグルメもアクティビティーもどれをとっても魅力がいっぱい

 

写真 2013-08-27 9 23 22.jpg

また来たいなぁ~カナダ

今回の旅を知って、本当に訪れた友人が、やはりカナダの魅力に魅了されたようで

沢山の素敵な写真を見せてくれました。

訪れる旅人それぞれに楽しみを与えてくれる。

そんなオリジナルの旅をプレゼントしてくれるのがカナダなんですよね!

カナダで初のラフティング体験!

写真 2013-08-28 5 41 55.jpg

英語がさっぱり理解できないぶっしーでも

インストラクターのオーバーな身振り手振りでなんとなくルールは理解し

いざ!!

写真 2013-08-28 5 58 24.jpg

ライフジャケットにヘルメットそこに、芸人さんさながらのCCDカメラを装着し

ちびっこといっしょにボートへ

 

この日は天気にも恵まれ、気持ちいカナダの渓流を

ゆったりとボートを漕いで下っていきます

写真 2013-08-28 6 01 46.jpg

私が体験したラフティングはレベルでいうと3。

初心者、ちびっこでも十分楽しめるレベルで、旅行者にはピッタリ

オールをこぎながら、インストラクターの指示にしたがってチームの息を合わせていきます

写真 2013-08-28 6 07 19.jpg

途中、水の掛け合いやスピードレースなどしながら

大自然の中を気持ちよくラフティング

写真 2013-08-28 6 28 37.jpg

初めてでちょっぴりビビリ気味なぶっしーでしたが

気持ちのいいカナダの風と緑、大自然の絶景を渓流から眺め

童心に戻ってはしゃいでしまいました(´∀`)

写真 2013-08-28 6 29 10.jpg

今回の旅の一番の魅力は、

なんといっても大自然を体で感じるアクティビティー

ラフティングはとっても刺激的で楽しかったです!!

 

カルガリーは、カウボーイの街ってお話しましたよね!

今回は残念ながら乗馬を楽しむことができませんでしたが

牧場には馬は放し飼いで悠々よ生活していて

写真 2013-08-28 3 15 05.jpg

カッコイイカウガール、カウボーイがほんとにいる!!

旅の途中に立ち寄った牧場で一休み。。。。

写真 2013-08-28 3 32 46.jpg

ポニーやロバ、

カッコイイ馬が草を食べたり、走ったり・・・

写真 2013-08-28 3 27 02.jpg

日本ではなかなか身近には観られない景色でした

動物好きのぶっしー

写真 2013-08-28 3 31 30.jpg

テンション上がる!!

写真 2013-08-28 3 18 26.jpg

今度来た時は、絶対乗馬したいなぁぁと心に決めました!

ふふふ

カナダの自然の中を、馬に乗って走る・・・・きもちいだろうなぁ

写真 2013-08-28 3 20 24.jpg

なんと、この旅で2度目のSPA

前回のがシティースパなら今回のスパはバカンスやリゾート要素もあり?!

ちょっと大人で贅沢なスパ体験をレポートします

写真 2013-08-26 23 32 42.jpg

Red Earth SPA

バンフには8つのスパがあり、ここは特に充実しているスパ

プールやジムも併設されており、アメニティーも充実

写真 2013-08-26 23 33 01.jpg

日本では珍しいシャワーハイドロセラピーもできるんです

写真 2013-08-26 23 34 37.jpg

(ベッドにシャワーの指圧マシンがついてるやつ!!!)

写真 2013-08-26 23 32 22.jpg

男性もOKなのでカップルで受けるのもオススメですね!

 

ぶっしーはこのスパを代表するプログラム

「ドリーム クラウド マッサージ」を・・・

写真 2013-08-27 0 46 46.jpg

45分のオイルボディーに30分のヘッド、フットマッサージを組み込んだ極上メニューです

写真 2013-08-26 23 34 57.jpg

厳選されブレンドされたアロマオイルに癒されて

筋肉のこり、や緊張をほぐし・・・・

たっぷりと大人の癒し旅を満喫しましたよ

写真 2013-08-28 22 31 31.jpg

コロンビア大氷原は総面積325k㎡におよぶ

巨大な氷河

写真 2013-08-27 4 34 45.jpg

大きな雪上車に乗って氷河の上を移動して到着した場所は

写真 2013-08-27 4 36 49.jpg本当に大きく巨大な氷原。本当に驚かされます

それでも、私たちが散策できる巨大な氷河もアサバスカ氷河の一部にしか過ぎないというから

すごい!

写真 2013-08-27 4 31 37.jpg

氷河とは何か?

というと、氷河期に積もり続けた大量の雪は30mもの高さになりその下の層は圧縮され氷になる。

これが繰り返されて巨大な氷河になりそれが氷原となる。

写真 2013-08-27 4 34 40.jpg

遠目に見ると、白でもなく透明でもなく淡いブルーに輝く氷河

冷たい風にあたりながら大自然の迫力に圧倒されるばかりです

 

そして、約1万年前以上の溶け出た水を飲むこともできるんです。

無味無臭

これは、未知の体験ですよ!

表現するのが難しいけど感動的な体験になりました

写真 2013-08-27 3 48 13.jpg

カナディアン・ロッキーの旅なら欠かすことのできないスポットですね!

写真 2013-08-27 5 14 02.jpg

こちらは、今は使われていない初代雪上車。

癒し系のフェイスに乗り物好きのぶっしーとしては放ってはおけない一台でした♥ふふふ

カナダで温泉?!って本当にピンと来なくて

もちろん、海外での温泉は初体験なぶっしー

写真 2013-08-27 7 54 13.jpg

ついたところは、アッパーホットスプリングス

1884年当時カナダ太平洋鉄道の工夫長だったデビッド・キーフがサルファー山の一角に発見した温泉 写真 2013-08-27 7 42 52.jpg

温泉というよりは、プールのような感じで水着で楽しみます

温度は37~40度と心地いい温度

外気がひんやりと冷たいので半身浴のような感じでいつまでも入っていられそう!

温泉から見せる山々の景色も最高です!

写真 2013-08-27 8 20 18.jpg

水着はレンタルもあり!

家族みんなでくつろげる温泉でした(´∀`)

観光帰りに立ち寄りたい場所ですね

キャッスル山とイシュベル山の間を流れるジョンストン川の流れが削り出した細く深い渓谷の中を歩くハイキングコースがあるんです

写真 2013-08-26 4 57 53.jpg

日本にいるとなかなか体験できないような

写真 2013-08-26 5 00 03.jpgカナダならではの自然を満喫しながら

心地いい汗を流せるお手頃なハイキングコースで人気のこのスポットには

老若男女問わずたくさんの人が訪れます

写真 2013-08-26 4 42 56.jpg

ビュースポットとしては、片道1.1kmのロワー滝(30分)

もう少し、余裕があれば片道2.7kmのアッパー滝(さらに30分)

写真 2013-08-26 4 57 50.jpg

道中は大きく茂った針葉樹林の木陰が気持ちよく

緩やかなアップダウンで

途中に見える渓谷の美しさ

写真 2013-08-26 4 58 33.jpg

また、水流によって削り取られた岩のなめらかな曲線のラインの造形美が素晴らしいです

写真 2013-08-26 5 06 17.jpg

ぶっしーは、ロワー滝までハイキング

ビュースポットには内緒のトンネルがあって

その先には、私たちを驚かせる迫力の景色が!!!

これは、ぜひ動画で(^-^)

写真 2013-08-26 5 14 07.jpg

往路と復路で同じ景色でも見える高さが変わって

写真 2013-08-26 5 06 22.jpgちょうど1時間ほどの気持ちのいいハイキングでした

 

旅先で体を動かす!

これってありそうでなかった?!カナダの自然を体で満喫するこのダイナミックさが今回の旅の魅力でもあります

写真 2013-08-26 5 33 57.jpg

 

帰り道、なんと野生のビッグホーンシープにであえました!

しかも、目と鼻の先で!!

写真 2013-08-26 11 26 46.jpg

立派な角をもったオスばかりが群れになって、こちらを気にすることなく悠然と(笑)

か、かっこいいいいい!!!!

憧れのグリズリーには出会えませんでしたが、並走するビッグホーンシープの群れに会えるのも珍しい?!

日本では出会えない野生動物たちと出会える楽しさ

自然を大切にするカナダだからこそ実現するんでしょうね(´∀`)

 

さ、旅はカルガリーから車で約2時間

バンフへと移っていきます。

 

カナディアン・ロッキーの観光の拠点となるのがバンフ

日本の軽井沢のような自然と過ごしやすい気候に絶景と小さくまとまったこじんまりとした街が特徴です。街については、次回ご紹介して・・・・

今回のぶっしーブログはこの旅 一番の絶景をたっぷりとご紹介しますね!

写真 2013-08-26 1 08 01.jpg

場所はレイク・ルイーズ近郊 標高1884mに位置する氷河湖モレーン・レイクです。

氷河の雪解け水によって形成されるモレーン・レイクは夏のバカンスシーズンにはターコイズブルーのとっても美しい湖面を輝かせるんです

写真 2013-08-26 1 19 45.jpg

湖畔のそばに小さな丘が形成せれていて歩いて高台まで上ることができます。

徒歩で約10分から15分くらいです。

写真 2013-08-26 1 21 55.jpg

もともとは海底にあったとされる地層には、波の地層があったり!

歩くだけで地層や岩の模様もとっても興味深いものがありました。

晴天のこの日、カナディアン・ロッキーから吹き降ろす冷たい風が心地よく

展望スポットを目指して歩いていると・・・・・

「ピッ!ピーっ!」って音が。。。。

 

音の方を向いて目を凝らしてみると

ちょろちょろとすばしっこく動く物が!!

写真 2013-08-26 1 30 47.jpg

なんと、人目には滅多に現れない鳴きうさぎ「ピカ」にであえたんです!!

写真 2013-08-26 1 24 58.jpg

巣作りのために口に草を加えて岩場の間をすり抜けて行きます

手のひらに乗るほどの小ささで体調は15cmほどです。耳の丸いモルモットのようなうさぎなんですが

これが可愛くて!!

写真 2013-08-26 1 58 37.jpg

さて、そんな野生動物に出会えるのもカナダの大自然が成せる魅力。

 

ピカの鳴き声にわくわくしながら、小高い丘の頂上に付いた瞬間

私の中が 一瞬で静まり返りました

写真 2013-08-26 1 34 42.jpg

あまりにも、その色が美しすぎて

写真 2013-08-26 1 35 12.jpg

あまりにも、心地いい風と済んだ空気と、湖面に映るカナディアン・ロッキーが雄大すぎて

写真 2013-08-26 4 08 50.jpg

 

生きてきた中で、ここまで美しい湖は見たことがありません。。。。

これは、本当に死ぬまでに見て欲しい景色の一つです

 

感動して、本当にこの湖に心を奪われてしまいます

実際、この写真を見てカナダ旅行を決められた方がいるくらいです!

ツイッターでの反響も とても大きかった ぶっしーのオススメスポット

小高い丘を降りて、湖の岸部には小さな売店とカヌー乗り場があります

写真 2013-08-26 2 05 37.jpg

今回、ぶっしーのカヌー初挑戦を

なななななんと、この美しいモレーン・レイクでできることに!!!

写真 2013-08-26 2 18 05.jpg

近くで見ると、済んだ水

写真 2013-08-26 2 23 43.jpg

美しい青を反射しながら 

そのガラスのような湖面にカヌーを浮かべ

写真 2013-08-26 2 23 48.jpgゆったりとした贅沢な時間(ぶっしーのカヌーにはガイドの小野里さん)

 

旅の仲間とも一体感がうまれ、

とっても楽しいレジャーですね

写真 2013-08-26 2 29 37.jpg

湖面に浮かんで深呼吸をすると

カナディアン・ロッキーの中に吸い込まれていくかのようで

とても気持ちのいい体験ができました!!!

 

ぜひ、この絶景を!!!

これを見たら、カナダに行ってみたくなりますよね

 

写真 2013-08-26 3 38 58.jpg

 

 

 

魅惑のSPA体験!!④

カナダ カルガリー取材レポート4回目は

カナダロケ始まって依頼の、SPA体験

リラクゼーションは

ぶっしーの旅のテーマに欠かせないもの!

旅館でのマッサージ、ホテルでのSPA予約は欠かせないんです

 

だから、今回の旅ではこのSPA体験がとっても楽しみだったんです~~~うふふふ

 

14893593[2].jpg

やってきたのは、カルガリータワーの向かいにあり、中心部に位置するホテルジェルマンカルガリー

こちらに入っているのが

サンテ・スパ

写真 2013-08-25 8 55 39.jpg

なんです!!!

カルガリーに4つの店舗を持ち、その中でも一番コンパクトなお店

 

写真 2013-08-25 9 00 06.jpg

チェックインは、名だたるセレブのプライバシーに配慮して全て無人チェックイン

カウンターを設けないことで、より静かでプライベートな空間を実現しています。とおっしゃっていました。

images[2].jpg

内装にもこだわり、カルガリーアーティストの絵画やインテリアなどお店らしさと落ち着きのある

ラグジュアリー感を演出してくれています

 

細く、黒壁で作られた廊下はどこか心地よく落ち着ける雰囲気

個室のトリートメントルームに加え

奥には、フットケアも!

イタリア製の高級感のあるこの椅子でペディキュアやフットケアを施してくださるそうです

 

imagesCAWY5RDC.jpg

ここここここここ

これは、すごい!!!!

これだけで、身も心も癒されそう。

写真 2013-08-25 9 06 12.jpg

これは、次回、、、、ぜひ体験してみたいですね

 

さて、ぶっしーが今回体験したのが

東洋マッサージ(ツボ指圧)と西洋マッサージ(リフレクソロジー)を融合させた

サンテ・スパならではのフットトリートメント

images[1].jpg

カナダ産のラマの毛を使った毛布にくるまれ、雲の上にいるかのようなふかふかでボディーにジャストフィットなベッド

 

images[4].jpg

 

ううううう!なんて上質なんだ!!

はじめに、フットバスで疲れた足の緊張をほぐし

ハーブの入ったスクラブで優しくひざ下をマッサージ

 

ツルツルになった足を今度は、ベッドに寝転んで

ツボを優しく刺激しながら(これも、全然痛くなく気持ちいい)

ツボの刺激の次は、筋肉の緊張や疲労をほぐすオイルマッサージへと移っていきます

 

長いフライト、旅の移動は楽しさから疲れなんて感じないはずなんですが、

こうして、マッサージを受けると効果テキメン!!

 

写真 2013-08-25 10 16 11.jpg

これから始まる旅をより快適に楽しむためにも、

こういった旅先でのトリートメントは本当に贅沢ですね

 

サンテ・スパは、カルガリー大人な旅には欠かせないスポットです

 230-508 24Ave.SW

Calgary,AB

santespa.com

 

日本ではSPAに行ったことない男性でも、旅先で体験してハマる方

多いんですよ♥

カップルで、また男性だけでも一度体験してみては??

カルガリーを訪れたなた必ずよって欲しい場所

ぶっしーがもう一度・・・・いや何度でも「行きたい!」場所ができました。

 

カナダ・オリンピック公園

写真 2013-08-25 1 42 11.jpg

高さ90mのジャンプ台がひときわ目立つカナダ・オリンピック公園は1988年冬季オリンピックで

スキージャンプはもちろんフリースタイルスキーやボブスレーなどの競技場となった場所

写真 2013-08-25 1 42 59.jpg

公園内は小さな丘の上にあり、冬はスキーやスノーボード、夏はマウンテンバイクを楽しむ人で賑わいます

 

さて、ここでぶっしーが体験したもの・・・・・

それは、なんと

ボブスレー

写真 2013-08-25 2 12 50.jpg

ボブスレーって素人でもできるの?!

っていうぶっしーの一抹の不安をよそに渡されたのはヘルメット。。。。

写真 2013-08-25 2 18 47.jpg

ドキドキ

きけば、ソルトレイクとカルガリーだけが本当のスタートライン(オリンピック競技と同じスタートラインということか?!)からスタートできるそう

写真 2013-08-25 2 13 19.jpg

ボブスレーに乗り込めば、ただ足元のバーを掴むだけ!!

写真 2013-08-25 2 42 22.jpg

これは精神的なスリルが大きそう(笑)

でも、やるっきゃない!!!

4人乗り込み、一番後ろには元ボブスレー選手が舵を切ってくれます。

写真 2013-08-25 2 45 24.jpg

レールのないコース。

ヘルメットからちょうど顔が出るようになっていて

滑り出しの第一印象は

「いい眺め!!!!!」

というのも、カナディアン・ロッキーとカルガリー市街が高台からはよく見える

 

写真 2013-08-25 2 45 28.jpg

な~んていってたら、くるわくるわカーブの連続

カーブでの体感角度はほぼ「真横に90°」

でも、これが楽しい!!

ジェットコースターみたい!!!

この時で、最速86キロ

人気のアトラクションの一つです

 

 

そして、もう一つぶっしーが感激!大興奮したのが

ジップライン

写真 2013-08-25 4 26 10.jpg

ワイヤーロープに装着した滑車に乗り、空中を猛スピードで滑り降りるアトラクション

写真 2013-08-25 4 46 36.jpg

で・す・が

スタート地点が普通じゃありません

写真 2013-08-25 4 47 04.jpgなんとスキージャンプ台!!!

いやいやいやいや

これは、私の心拍数もK点超え!!!!!!!

 

だってこの景色

ワイヤーの行き着く先が遠すぎて見えない

(ちなみに、ゴールは写真中央やや左上にある四角い立屋)

 

体をワイヤーに預けて

もはや、コウノトリに運ばれるベイビーさながら宙ぶらりんの状態で

 

3  2  1

 

いやっほーーーーーーーーーーーーっ

 

これが、気持ちいいのなんのって

鳥になった気分

写真 2013-08-25 4 48 51.jpg広がるカルガリーの絶景

カナディアン・ロッキーのさわやかな風の抵抗をうけて

100キロを超える滑走!

写真 2013-08-25 4 55 51.jpg

きもちいいいいいいいいいい

写真 2013-08-25 4 56 11.jpg

これは、これはこれは、

もういっかい!!!って言いたくなるアトラクション間違いなし!

これはぜひ!カルガリーを訪れるなら体感して欲しい場所の一つです(^-^)

 

写真 2013-08-25 5 31 53.jpg

 

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

profile

犬伏まり (いぬぶしまり)

数々の雑誌、CMに出演するモデル。オスカープロモーション所属。血液型はO型。特技は、車の運転、阿波踊り、英検準2級。2008中日韓『友好大使』国際スーパーモデルコンテスト活力友好大使賞(審査員特別賞)。