2011年11月アーカイブ

CIMG4260.JPG初めての富山

富山に赴任している友人によると

食べ物は美味しいし、住みやすくていい街なんだそう。。。

CIMG4259.JPG

羽田から飛行機で1時間もかからないほど

あっと言う間に富山に到着

空港を出ると、雪化粧した立山連峰がお出迎え!

すごーーーーい

紅葉に、雪をかぶった見事な連峰。

初めての富山!

 

CIMG4261.JPG

知人のお店を訪ねて、美味しご飯も頂きました

CIMG4272.JPG富山では

カジキの事を「サス」というそうで、生姜で食べるんですって

これもなかなか美味しいの!

 

 

CIMG4262.JPG

富山城の側を散歩してれば、こんな路面電車に遭遇

CIMG4266.JPGめっちゃかっこええやん!!!

環状線の路面図には「丸の内」も!?(笑)

CIMG4268.JPG大人300円

ちょっと乗ってみる事に・・・・・

 

レンタカーを借りて、氷見の方へ行った際にはこんなものを発見↓

 

 

CIMG4275.JPG氷見は藤子A不二雄さんの出身地なんだとか

怪物くんや忍者ハットリくん、笑うセールスマンなどの作品やキャラクター像、トキワ荘の再現など

CIMG4288.JPG

CIMG4282.JPG藤子作品が沢山

氷見は ブリだけじゃなかったんだ

CIMG4277.JPG

帰りには 氷見うどん(ちょっと細麺のうどん)を食べて帰ってきました

 

 

 

富山では、海鮮よりもうどん三昧

富山市役所近くの「鶴喜」といううどん屋さんは、安くておいしいかったですよ

CIMG4289.JPG次回は、富山ブラック(ラーメン)食べようかな。。。。

 

東京から意外に近い素敵な富山でした

 

映画「RAILWAYSⅡ~愛を伝えられない大人たち」の舞台にもなっていますよ

 

CIMG4274.JPG      111127日に27になりました

 

ロケ終わりのサプライズバースデーに始まり

CIMG4250.JPG家族、友人、お仕事でお世話になっている方々

ツイッターでも!!!

 

皆さんから「お誕生日おめでとう」とお祝いのお言葉を頂き

CIMG4292.JPGとっても幸せです

本当にありがとうございました

CIMG4294.JPG

おかげで素敵な素敵なバースデーになりました

CIMG4207.JPGプレゼントやカード、ケーキまで

子供のころの様な幸せな気分

 

あっという間の27年

毎年毎年、素敵な出会いに恵まれ

CIMG4255.JPG皆さんに支えられながら、また一つ幸せを実感しています

これからもよろしくお願いします♪

 

 

CIMG4218.JPG明治神宮球場で行われた

高校野球の大会

 

母校 鳴門高校が四国代表で出場するという事で応援に行ってきました

 

CIMG4226.JPGぶっしー

上京3年にして初めての神宮球場

バックネット裏から応援しましたよ

 

対戦相手は 北海道代表 北照高校

CIMG4225.JPG

 

懐かしい、母校野球部のユニフォーム

高校かぁ~10年前!!!!

 

・・・・・・((+☐+))!!!

 

懐かしいような。。。すっかり忘れていたような。。。。

CIMG4227.JPGドキドキ ハラハラの試合

 

 

勝って欲しいと願いつつ、1対1で延長へ

延長は満塁ワンアウトからのスタート

 

鳴門高校も頑張りましたが、試合結果は

北照高校 5 - 鳴門高校 3

で負けちゃった~

CIMG4230.JPG

んーーー残念!

でも、負けてもすがすがしくスポーツマンらしく

高校生の元気な姿に ぶっしーもパワーをもらえましたよ

 

スポーツっていいですね!

ぶっしーのカナダトロントレポ

細かくご紹介しましたが、これもほんの一部

もっともっと魅力あふれるカナダ トロント

是非 一度は訪れて欲しい街

 

今回は、ぶっしーが買ったカナダ土産をご紹介

CIMG3470.JPG①トロントシティーツアーにて

セント・ローレンス・マーケットで見つけた キッチン用品

メープルのクッキー型はお料理されるお友達へのお土産にピッタリ

 

海外ならではのパーティーグッズやカップケーキのペーパーカップ

メープルリーフのカラフルチョコレートスプレー

女の子ならキッチン雑貨屋さんってだけでテンションUP

手ごろな掘り出し物が見つかるかも?!

 

 

 

CIMG3475.JPG②トロントのオシャレ街

ブロア通りにある カナダのコスメブランドM・A・C

日本でも人気の高いコスメブランド

なんとぶっしーも他ならぬM・A・C好き

口紅やチークの可愛い発色にマットな付け心地はおススメです。円高の影響もあり日本では3000円を超える口紅も現地では1700円程度!!まとめ買いには絶対おススメ

 

 

 

CIMG3479.JPG③同じく ブロア通りにあるインテリア生活雑貨のお店で購入したキッズグッズDSC_0011.jpg

海外のキッズアイテムってホントにCute

親友の子供が1歳になるので記念すべきお誕生日プレゼントをトロントで購入

怪獣のバスタオル

 

お子さんがいる方、また友人の子供へのプレゼントなら喜ばれること間違いなしですよ

送られてきた 写真

金子 蒼宙(そら)くん

11月10日に1歳になりました~

 

 

 

CIMG4123.JPG④ナイアガラのアイスワイン&アイスワインシロップ

右は、飲みきりタイプのお土産用アイスワイン

ワイナリーでしか手に入らない種類もあるので是非手にとって欲しいですね

そして、アイスワインのシロップ

お料理、スイーツに使えそうなシロップ

キッチンに置いておくだけでも雰囲気ある~~~

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4125.JPG⑤やっぱりメープルでしょ

カナダのお土産といえばやっぱりメープル

メープルシロップにメープルバター、メープルシュガー

ぶっしーのおススメはメープルバター

パンに塗ってもいいしお菓子作りに使ってもGood

濃厚なメープルの香りにコクのあるまろやかなバター

お土産サイズを沢山買って組み合わせてお土産に・・・・

 

CIMG4130.JPG⑥メープルアイテムはまだまだあります!

メープルリーフのパスタ

カラフルなパスタ、よくみるとメープルリーフ型

サラダにピッタリのパスタ

カナダらしいお土産になりますよ!

スーパーやマーケットで購入できます♪お値段のお手頃

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4128.JPG⑦スーパーで買えるお土産はまだまだあります

日本未発売の白オレオ

正しくは ゴールドオレオ

オンエア中、荘口さんが食べた白オレオ。。。

日本でありそうでなかった、未発売のオレオは会社のお土産にも喜ばれそうでしょ?

バニラクリームに甘い白いクッキー

 

スーパーで手に入るお菓子だけど、日本にないフレーバーは

皆の反応もGood!!

CIMG4129.JPG他にも、

 

ビッツサンドのピーナッツバター味

小さなビッツサンドのピーナッツバター味

いかにも外国らしいでしょ??これが、意外と反応がよくて

ついつい手が出ちゃう

 

時間があれば、スーパーは地元のマーケットへ足を運んでその土地ならではのお菓子や食材を探してみてくださーーーい

カナダで当たり前の食材も 日本からすれば「こんなのあったのーーー?」と驚く食品が沢山ありますよ

 

≪旅のこぼれ話≫

ぶっしーこの旅で一番買い物をしたんです。。。

ワインはシロップ3本、小さいお土産用ワイン15本

雑貨 写真のキッチン用品プラス、お菓子や食材、

ブロア通りで購入した コスメ、Rootsの洋服、トロント大学のアメニティー、メープルシロップ

などなどなどなど・・・・・リモアも大きなスーツケースはパンパン

絶対空港でアウトだなと覚悟

23kgを超えると大凡1万円の超過金を取られます。。。

半ばあきらめモードのぶっしー。まぁ、あれだけ買えばしょうがないよね・・・・と思っていたら

23kgジャスト!!!!

思わず、カウンターの女性にも「Perfect!!!!」って言ってもらっちゃった

お土産を買う事も考えて、スーツケースは軽量のものをおススメしますよ

CIMG3871.JPGぶっしーのカナダトロントレポ

いよいよ大詰め

ナイアガラの滝にパワーをもらい

ナイアガラ・オン・ザ・レイクで英国様式の街をのんびり散策

CIMG3874.JPG

 

 

そろそろ、美味しいのもを頂きたくなりますよね??

そうです!カナダと言えばメープルシロップとあらんで有名なものがあります

 

そう

アイスワイン

 

 

CIMG3879.JPGオンタリオ湖のほとりナイアガラ・オン・ザ・レイク周辺は有数のワイン産地

中でも、アイスワインは世界的評価が高いんですよ

今回 ぶっしーが訪れたのは

Inniskillin

という有名なワイナリー

CIMG3884.JPG遠くまで広がるブドウ畑の中にこじんまりと佇むワイナリーです

アイスワインとは、氷結したブドウから作られるデザートワインのことで一定の条件が揃った深夜

極寒の中丁寧に手積みされる貴重なワイン

ブドウ1房からスプーン1杯分しか採れないのだから、アイスワインを1本作るのがどれだけ大変かわかりますよね

CIMG3881.JPGワイナリーで最初にいただいた アイスワインのスパークリング

実はぶっしー、アイスワイン初体験

カナダで初めてのアイスワインデビューです(贅沢でしょ??)

まず、一口目 驚くほどの CIMG3880.JPG甘さ。人工的な甘味ではなくブドウ本来の甘さを究極まで極めた芳醇な甘さ

そのあとに、広がる ワインの香りにとろけちゃいました

 

CIMG3899.JPG続いてシェフによるアイスワインを使った料理に舌鼓

CIMG3900.JPG

 

帆立とベーコンのソテーにアイスワインのソースを添えて

淡泊な帆立に、ベーコンの塩気、アイスワインとバターの甘みとコクがよく合います

これは、いつかぶっしー食堂で作らねば!!としっかりメモ φ(..)メモメモ

CIMG3902.JPGワイナリーでワインについてお勉強しながらランチタイム

ワイン好きにはとっても贅沢な楽しみ方ですよね

CIMG3907.JPG

食事を終えたら、ワインを貯蔵している倉庫へ

この鉄格子が風格ありますね

この倉庫の中には、年代別にアイスワインやワインが熟成されてるんです

温度や湿度管理されたワイン貯蔵にてきした場所

CIMG3891.JPG

場所と言えば、ここナイアガラ・オン・ザ・レイクはアイスワイン造りに適した場所なんですって

オンタリオ湖の冷たい空気が丘にあたり循環するところだそうで

この環境があるからこそ カナダのアイスワインは世界的にも高評価を得られるんですね

 

さてさて、ワイナリーでの楽しみはまだまだ

 

CIMG3910.JPGこのワイン蔵のなかで テイスティングができるんです

CIMG3912.JPGRIEDELがアイスワイン用に作ったワイングラス

そして、日本では入手困難な赤のアイスワインを・・・・シェフがそれぞれのワインに合わせて作った料理とともに飲み比べ

CIMG3913.JPG

 

 

 

うす暗い煉瓦作りのワイン蔵の中で、絶品のアイスワインをテイスティング

CIMG3921.JPGこの雰囲気は是非皆さんにも味わってほしい

アイスワインが一層美味しいこと

CIMG3922.JPG

美味しいものを頂くには、その雰囲気も味のひとつ

旅の醍醐味は、その雰囲気を味わえるところですよね

 

ワイナリーでは飲みきりサイズの小さいワインもありますのでお土産にもピッタリですよ

 

久しぶりに

≪旅のこぼれ話≫

CIMG3868.JPGワイナリーへ向かう途中、こんな教会を発見

ウエイサイド・チャペル

世界で一番小さな教会で実際に挙式も出来るんですって

ブドウ畑の中にある小さな可愛い教会・・・・絵になりますね~

絵本の中のような素敵な場所ですよ

 

 

 

そして、そして、

CIMG3924.JPGまだまだ間に合う

トロント旅行が当たる素敵なキャンペーン

今すぐ下のURLへアクセス 

www.winter-toronto.jp

もしくは

「とびっきりの冬 トロント」で検索!!

 

 

CIMG3925.JPGぶっしーのカナダ トロントレポ

 

ナイアガラに続きご紹介したいのは

ナイアガラ・オン・ザ・レイク

オンタリオ湖の湖畔に佇むビクトリア様式の街

CIMG3927.JPG

 

日本の軽井沢の様な雰囲気

紅葉の美しいこの時期は、色付いたメープルの木々や紅葉樹が本当にキレイ

 

CIMG3928.JPG街は観光スポットということもあり馬車なんかもいて

雰囲気ありますよねーーーー

ここは、1792年英国領時代にオンタリオ州の最初の州都が置かれた場所

ということもあり、英国風の町並みが残る観光地なんです

 

 

 

CIMG3929.JPG中心街のクイーン通りは200mほどなので半日あれば充分楽しめますよ

他にも、小さな町には ロイヤル。ジョージ劇場や歴史的建造物があります

小さな雑貨屋さん、メープルシロップやアイスワインのお土産屋さん、レストランやカフェなど

CIMG3934.JPG

ナイアガラまで足を延ばすなら ちょっと寄り道気分で立ち寄って欲しい場所

「カナダ」の印象をまたちょっと変えてくれる

CIMG3936.JPG19世紀のビクトリア様式の街をお散歩~なんていかがですか?

 

 

 

CIMG3937.JPGメープルの葉をお土産に持ち帰るのもいいですね♪

 

 

CIMG3938.JPG

カナダ トロントへの旅が当たるビッグチャンス!!

締切は11月30日

今すぐ 下のURLをクリック

www.winter-toronto.jp

または

「とびっきりの冬 トロント」で検索を

CIMG3968.JPG月曜日のリュクスMARUNOUCHIは

有楽町電気ビル1階にオープンした

BEAMS&WINDS

オシャレカジュアルブランドのBEAMSからスポーツラインが登場

従来のスポーツメーカーが出すオシャレウエアと違い

CIMG3969.JPGアパレルメーカーが提案するスポーツウエアは 細かいディテールまで拘った

ホントにオシャレなアイテムばかり

 

街でも着れるオシャレなアイテム

CIMG3977.JPGゴルフウエアを中心に、アウトドア、サーフスタイルなど

オシャレなスポーツライフスタイルを提案

 

そして、そして、ここでしか買えないコラボ商品のたっくさん

 

CIMG3979.JPGフレッドペリーやディズニーなど

BEAMSならではのオシャレなコラボ

小物から、ウエア、バッグ、ボール、ホントにトータルコーディネートでオシャレになれる!!

CIMG3982.JPG

 

ぶっしーコーディネートはこちら

カジュアルで可愛いコーディネート

タータンチェックのスカートとサンバイザーが今年の流行ポイント

季節感もあってスクールガールっぽいのがいいですよね?!

CIMG3985.JPG

そして、コンサバスタイル

ぐっとシックに、大人なスタイルコーディネート

ぶっしーもお気に入りのモコモコベストは普段着にも良さそうですよ

シンプルでいてオシャレなスタイルなら ゴルフも上手くみえそうでしょ?!

 

Beams.JPG

 

 

有楽町電気ビル1階

丸の内仲通り側にありますよ

ぜひぜひ足を運んでみてくださいね

 

CIMG3818.JPGぶっしーのカナダトロントレポ

 

3週にわたってお届けしたカナダトロントに旅

あっと言う間でしたね!!

今回は、カナダと言ったらここ!!

ナイアガラの滝をご紹介しますよ

トロントからはバスで約2時間 CIMG3827.JPG

東京から箱根へ行く感じです

雨が心配されましたが、なんとか雲の間からは晴れ間が

国定公園の森の中でも抜けていくのかと思いきや、意外と突然現われたナイアガラ

 

噂以上に

ド迫力!!

CIMG3829.JPGカナダ滝の真横にあるテーブルロックと呼ばれる展望台からすぐ近くに臨む

ナイアガラ

落差54m、幅670m。。。。

日本では見られない桁違いの輔スケール

そして、雲のように霧のように立ち上がる水しぶき

CIMG3835.JPG

 

とにかく、どむぶらこ・・・・なんて悠長な事は言ってられない

スリリングな速さ

自然ってすごい

 

何だか、パワー貰えそう。。。

カナダ、トロントへ来るなら絶対ナイアガラへも足を延ばさなきゃ損!!

CIMG3838.JPGそして、滝壺を覗き込むと・・・・・

 

ん??

 

船(@_@;)

 

しかも?!あれにぶっしーも乗るの??

たのしそーーーーーー!!

ナイアガラにそんな楽しみ方があったなんて・・・ CIMG3853.JPG

坂を下り乗船所へ

ちょうど目の前にアメリカ滝を見ながら 船で滝つぼへと向かう人気アトラクション

薄いビニールコートでけ手渡され いざ乗船

 

 

まずは、まじかで感じる滝の音

ゴーゴーゴーッッ

ドババッバーーーーーン

 

CIMG3861.JPGすさまじい音の波の勢い

そして、雨のような嵐のような水しぶき

 

これが、凄い

予想以上に濡れるので、カメラや時計は防水対策をしておくのがマスト

 

乗り込んだ、観光客のキャーーキャーーと楽しそうな声CIMG3862.JPG

ぶっしー達 Suono班はというと・・・・

 

完全にのまれてます(笑)

まじかに見上げる ナイアガラの勢いは 

とにかく凄いの!!

これが湖?!これが自然にできた滝?!

 

CIMG3845.JPGナイアガラパワーに ちょっとだけハラハラしながら

体験してほしいナイアガラ滝壺ツアーでした

ほんと凄いから!!冗談ぬきにずぶぬれよ

 

そして、ナイアガラは滝以外にも観光できるスポットが隣接

高さ160mのスカイロン・タワーや公園、アトラクション施設もあります

今回は、見れませんでしたが

次回 ナイアガラに行くなら 夜のライトアップされたナイアガラの滝も見ものですね

 

そして、今日は旅のこぼれ話ではなく

CIMG3837.JPGオンエアでお知らせした

クイズに答えてトロント旅行が当たる 

豪華プレゼントのお知らせ

今すぐアクセス!!

www.winter-toronto.jp

 

または、「とびっきりの冬 トロント」で検索

 

締切は11月30日!急げ-ーーーー(*^^)v

CIMG4200.JPG昨日は、ぶっしー初の落語会へ

新宿サザンホールで行われた

笑福亭鶴瓶師匠の落語会!!

すでにすでに売り切れ御礼

460人ほどの劇場で、鶴瓶師匠の落語が聞けるなんて

初めての経験にドキドキ

 

舞台に出てきた鶴瓶師匠

拍手拍手

CIMG4201.JPG

今回は3つの演目

 

笑った笑った!

声を出して大笑い

 

その中に感じる鶴瓶師匠の凄さ

演技にも近い落語の語り・・・

 

まるで、登場人物がいるかのように・・・・

ほんと凄い

かっこいい!!

面白い!!!!

 

CIMG4202.JPG大満足の落語会でした

いや~また行きたーーーーい!!

 

 

生憎の雨ですね。。。。

皆さん、足元にはお気を付けてお出かけください(^^)

 

気温もぐっと下がりますので、体調を崩されませんように 

ぶっしーのカナダ トロントレポCIMG3785.JPG

CIMG3743.JPG

今回は 旅のメインイベント

ファッションナイトをご紹介します

 

トロント?ファッション?

とお思いの方~

実は トロントコレクションはNYコレクションに次いで北米で大きなファッションイベント

会場は生憎の雨模様のなか、オシャレな人でいっぱい

 

CIMG3753.JPG

 

モデル、カメラマン、メディア、ファッションライターなどなど・・・おしゃれな人たちが続々と集まってきます

・・・・ぶっしーも初のコレクションに大興奮

というのも、通常のファッションショーやコレクションは「招待客」しか入場できないんです

今回は、ぶっしー達SuonoDolce班はメディアとしてご招待していただきましたよ

CIMG3761.JPG

 

ランウェイは、ここ

よく目線より高い「花道」をご想像されるかもしれませんが・・・・コレクションはこのように

阿波踊りの桟敷席のような感じ・・・・

通常の目線で コレクションをじっくり見る事ができるんです

ショーが始まるぎりぎりまで、人で溢れて すでに大盛り上がりなんですよ

CIMG3781.JPGぶっしーが観たコレクションは、コーハニーホームというインテリアブランドが提案するインテリアとファッションの融合。

アラビアンテイストのものから、不思議の国のアリスまでメルヘンでファッショナブルなショー

続いては、日本の女の子にも是非知って欲しいブランド

ピンク・タータン

キンバリーのデザインする女性らしく柔らかなデザインと可憐なシルエット

 

CIMG3786.JPGぶっしーもきたくなりました~

今や、その人気はNYでも絶大でNYセレブにも愛される超人気ブランドですよ

しかも、しかも、彼女が日本の女の子へメッセージを送ってくれました

「日本の女性は、オシャレでスタイルがよくて、きっと私の服も似合うはず!是非 着てほしいわ」

・・・・と

CIMG3800.JPG嬉しいですねーーーー

 

最後は、ジョー・フレッシュというカジュアルブランド

カジュアルといえど、鮮やかなカラーにスタイリッシュなデザイン!!

とにかくオシャレなんです

 

トロントの最新ファッションナイトは大興奮

観覧席の他にもメディアポジションでも見せていただきました・・・・・

どこかって?

 

CIMG3776.JPGランウェイでモデルが歩き停まってポージングするトップポイントの正面

んもーーーー大迫力!

しかも、そこでは、各国のカメラマンやメディアの方がすぐさま インターネットで配信

ファッションも鮮度が一番ってことです

とにかく、キラキラきらめく夢の一夜となりました

 

≪旅のこぼればなし≫

CIMG3791.JPGファッションショーのバックステージにて、ピンクタータンのデザイナー、キンバリーへのインタビューをまっていたぶっしー達SuonoDolceチームに

「あ!!!日本人?!」というトロントでは聴きなれない日本語が・・・・

振り向くと、日本人スタッフの姿

なんと、この方 日本人として6年もトロントファッションウィークのヘアメイクを担当する

Taca Ozawaさん

Tacaさんによると トロントのファッションウィークを取材しに来た日本人クルーは初めてなんだとか!!

凄いねSuonoDolce

そして、日本人アーティストがこうして世界の最新ファッションの舞台裏を支えているなんて・・・・

なんだか 嬉しいですね!!

そんな素敵な出会いもできた、ファッションナイトでした

mayumi&mariコンビ~(*^_^*)

月曜日!

なかなか会えないまゆみちゃんと~~(*^^)v

CIMG4199.JPG普段は出番が違うからなかなか会えなくて・・・・

キャッキャ キャッキャ 大盛り上がり

 

お陰で本番前の発声もばっちりね(笑)

 

ぶっしーのカナダ・トロントレポ

前回の街編に続きまして、今回からはファッション編!!

 

10月19日(水)am6:00CIMG3491.JPG

朝食は毎日ホテルのレストランで・・・・

毎日行くから スタッフも覚えてくれて笑顔で迎えてくれるんです

ぶっしーの朝食はコレ

シェフオリジナルパンケーキにバナナとメープルシロップ

ふわふわのパンケーキは日本で食べたことない味!

ドライフルーツやいろんなスパイスもはいってて甘いメープルシロップとよく合います

窓の外を眺めると・・・空が薄明るくなり始め 同時にホテルのエントランスホールも車に乗り込むビジネスマンで忙しくなる

 

昨日より少し寒い今朝。。。心配された雨はなんとか持ちこたえてくれましたよ

 

CIMG3580.JPG今日 訪れる場所は

THE BATA SHOE MUSEUM

大手靴メーカーのBATA夫妻が集めた「靴」の博物館

なんと10000足以上の靴がコレクションされているんですって

「スタイルと靴」をテーマに4つに分類展示されていて、特に19Cは女性のファッションの多様化に伴い贅沢でオシャレなデザインが興味深かったでCIMG3633.JPGすね

 

 

 

さて、今回は普段は公開されない裏側へも潜入!

 

展示しきれない靴の保管場所を見せて頂きました

 

CIMG3581.JPG学校の教室ほどの広さにびっしりと 靴 靴 靴

CIMG3586.JPG19C クリスチャンディオールのコレクション

有名な靴デザイナーViVier によるもの

 

4500年前のエジプトの靴・・・・というより遺跡?!

CIMG3595.JPG

他にも、熊の足

中国の纏足の靴・・・・めっちゃくちゃ小さいんです

CIMG3623.JPG

 

かと思えば、誰が履くの?!って思っちゃうながーーーいブーツ

CIMG3624.JPG日本の下駄やわらじ

ムートンブーツ

ハイヒール

 

タイガーウッズのゴルフ靴

CIMG3600.JPGマリリンモンローのハイヒール

CIMG3599.JPGエルトンジョンのブーツ

などなど、時代、国、地域、人、著名人にいたるまでありとあらゆる靴がコレクションされています

 

 

CIMG3594.JPG

 

 

こんな博物館 初めて!!

 

一言「靴」といっても、環境や用途、またスタイルによって大きく違うんですね~

オシャレ好き、靴マニアにはたまらない 博物館でした

 

ファッション編はまだまだ!

次回はトロントファッションウィークをお届け!

 

つづく

 

 

 

≪旅のこぼれ話≫

CIMG4115.JPG今回ご紹介した靴の博物館から歩いて行ける距離に トロント大学があるんです

キャンパスの売店で、トロント大学グッズが手に入るんですよ

マグカップや大学ノート、ペン、ネクタイ、マフラーなどなど

トロント大学のエンブレムが入ったグッズ

なかなか良いでしょ?

メモ帳やノートはお値段もお手頃だし お土産にもおススメ

ちょっと学生気分でお買いものしてみては??

ようこそ! ファイル0010.gif

 

前回 ご紹介した

犬伏家 秘伝の鶏レバーの南蛮漬け

ブリ大根より大反響なのでレシピをご紹介!!

いや~意外とレバー嫌いより、貧血ぎみな女の子が多いようで・・・・

ぶっしーの父母のエピソードを知ってレシピが知りたいとおっしゃって頂き

光栄ですわ(*^_^*)

貧血や鉄分不足は実は生まれてくる前が重要なんですよ!

母体が鉄不足だと生まれてくる赤ちゃんは、先天的に鉄不足で生まれます・・・

ってことは、生まれながらに貧血気味!!

レバーが苦手なぶっしー母も、この南蛮漬けだけは食べられるから長年 犬伏家の食卓の定番なんです

 

材量

鶏レバー   200g (犬伏家はレバーとハツ)

漬け汁

・醤油  大さじ1

・砂糖  大さじ2

・酒   大さじ2

・酢   大さじ2

 

玉ねぎスライス(水でさらしたもの)  2分の1個以上(お好みで)

大人が食べるなら、輪切りの唐辛子適量

 

下ごしらえ 

①鶏レバーは、食べやすい大きさに切る(だいたい半分にすれば大丈夫)

ハツを入れる場合は、ハツを開き 余分な脂身も落とす

②塩水に漬ける(血抜きの意味もこめて)

③水が濁れば 水洗いする (特にハツには血管が通っているので管の中の血も念入りに洗い流す)

④それぞれを牛乳に漬け20分ほどおく(臭みを取るため)

⑤牛乳から出し、キッチンペーパーで水気をふく

 

作り方

①漬け汁をボウルに合わせ、さらし玉ねぎ、輪切り鷹の爪を入れ 冷蔵庫へ

②鶏レバーに片栗粉を塗す

③160度の油で揚げる

低温で中まで火を通すこと

④いったん揚げた 鶏レバーを今度は180度で2度揚げする

⑤油をきり、熱いうちに冷蔵庫で冷やしてあった漬け汁に入れる

熱いうちに冷やした漬け汁に漬けることでグッと味がはいるんです

 

ボウルが冷めたら 再び冷蔵庫へ入れ半日以上寝かせる

間で、上下を混ぜ全体に漬け汁がつかれば完成!!

 

とっても美味しいご飯のおかず

しかも健康にもいいので ぜひ作ってみてくださいね

 

    

ようこそ! ファイル0010.gif

リニューアルしたぶっしーコンロで作る絶品料理CIMG4195.JPG

 

寒い季節・・・・ようやく魚が美味しい季節

今日は魚屋さんのおススメで ぶりカマを購入

冷蔵庫に残ってる大根とあわせて、ブリ大根にしよう!

魚料理は下ごしらえが決めて!

生臭くならないようにするには、このひと手間が大切です

CIMG4186.JPG

 

①ブリは塩をふり20分ほどおきます。

(こうすると、血や生臭さがでます)

②そうしている間に、乱切りした大根を茹でましょう

(大根は面倒でも面取りを!味も染みて煮崩れ防止)

③ブリは一度水洗いし、沸騰したお湯でザッと流します

CIMG4187.JPG④ブリ、大根は水気を丁寧にキッチンペーパーで拭き取ります

(余分な油、血なまぐささを流し煮崩れ防止のために)

⑤茹でた大根を笊に上げ、ブリ、大根をそれぞれキッチンペーパーで拭き取る

⑥鍋に生姜の千切り1片、砂糖 大さじ3、たまり醤油 大さじ3、酒 2分の1カップ、

を合わせ、中火で煮立て ブリを重ならないように並べる

⑦煮汁をかけながら全体が色付いたら大根を入れる

CIMG4196.JPG⑧ここで、水2分の1カップを加え 落とし蓋をし弱火で20分じっくり煮る

⑨間でそっと具を返しながらまんべんなくしみ込むように・・・・

時間があれば、いったん火からおろし冷ましてから 食べる前に再び温めるとグッと味がしみ込んで美味しく出来上がりますよ

 

仕上げに 千切りの生姜、香り漬けに柚子皮を飾って出来上がりです

 

 

さて、副菜の鶏レバーの南蛮漬け!

CIMG4197.JPG実はコレ、ぶっしーが生まれる前 貧血症の母の為に父が作っていた犬伏家の定番メニュー

これが美味しくて美味しくて!!

揚げ物もできるようになったので 初めての揚げ物は 犬伏家秘伝の鶏レバーの南蛮漬けにしてみました

本日の椀物は、昆布とかつおで丁寧にとった出汁で澄ましに。鱈を酒蒸ししあわせました★

これは、行き付けのお寿司屋さんで頂いた椀物をヒントに・・・・

美味しいものを頂くと、自分でも作ってみたくなるんですよね~

CIMG4170.JPG友人のお父様がこのたび

旭日双光章を受章されましたーーー!

 

凄い

まず、そもそもなんぞや??と言う方

旭日(きょくじつ)章とは、明治8年に我が国最初の勲章として制定されたもの。

勲章のデザインは日章を中心に光線(旭光)を配し、紐には桐の花葉を用いているんだそうです。

国家または公共に対し功労がある者のうち、功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた者に対し授与されると書いてありました!

 

CIMG4176.JPGお祝いの気持ちをお送りしたくて、丸の内にある「和久傳」へ

お花か、お酒と迷ったあげく・・・やはりここは日本酒でしょ!と

お送りしたのは、京都のお酒

竹筒と竹のお猪口も付いていてお祝いにピッタリ

 

目上の方への御持たせや、お土産、お祝いなどの贈りものなら和久傳で選べば間違いなし!

ぶっしーがプライベートで買いに行く・・・丸の内のお店のひとつです

 

CIMG4180.JPG

 

 

 

お歳暮にも最適

人とは少し違う心のこもった一品がみつかるはず

 

CIMG3289.JPGぶっしーのカナダ トロントレポ

一回目となる7日のオンエア、観ていただけましたか

今日のブログは・・・トロント シティーツアーのメインスポット

CNタワーをご紹介

CNとはCanadian Nationalの略

トロント市街のいたるところで観られるシンボル的タワーCIMG3295.JPG

CNタワーに登れば、トロント市街を一望できるんです

それもそのはず、、、なんと高さ593m

トロント随一の高さ

セキュリティーゲートを抜けて上層の展望台まで超高速エレベーターで上へ上へ

なかなかの早さで、気圧の変化に若干耳がついて行かない感じ・・・・

CIMG3291.JPG

 

342mの硝子展望エリアには、なななんと

この高さを 真下に見える硝子の床が!!

ひょーーーーーーーーーーーっ!!!!

CIMG3343.JPGふわふわする~

 

CIMG3342.JPG今回はご紹介できませんでしたが447m地点のスカイスポットでは全面ガラス張りなんですーーー

他にも、命綱を繋いでタワーの外周を歩けたり・・・・ハラハラドキドキの度胸試しも出来るんですよ!

CIMG3306.JPGこのアトラクション感!最高に楽しい(笑)

 

またCNタワーから見下ろす トロントの美しい夜景も絶景なんですって

アテンドしてくださった日本人の志鶴さんいわく

日本三大夜景より美しい・・・・といっても過言じゃないくらいキレイなんだとか

 

CIMG3304.JPGまだまだ

CNタワーは景色やアトラクションだけじゃないんです

地上351m地点にあるレストラン360

CIMG3308.JPGフレンチスタイルのレストランでなんとここのウリは、動く床!

72分をかけてタワーを一周し、食事をしながらトロント市街を360度ゆっくり一望できるんです

 

写真 (4).JPG

 

 

 

さっきまでシティーツアーで巡っていた場所が模型のように小さくみえる

高層ビル群を目下に見たかと思えば、オンタリオ湖が広がる自然を眺め

都会と自然の両方の顔をもつトロントを贅沢に眺める・・・・・

写真 (5).JPGまるで雲の上にいるようです

 レストラン360で頂いたランチは、前菜、トーフのグリル、ナイアガラピーチのアーモンドタルトでした★レストランの名前360にちなんで、まーるくタワー型に盛り付けられてて可愛い~

CIMG3327.JPG

 

レストランの中にあるワインセラーには約9000本近くのワインやお酒が!

CIMG3340.JPGカナダ名産のアイスワインも味わえるのでワイン好きにはたまらないですよね

 

観光地CNタワー

CIMG3341.JPG実は、食事をするのも最高なんですよ

他では味わえない 絶景と美食、美酒・・・トロントのシンボルタワー恐るべし

 

さて、次回は学べるトロントをご紹介!!

 

つづく

 

CIMG3331.JPG≪旅のこぼれ話≫

ぶっしーがレストラン360で頂いたデザート!

「NIAGARA PEACH and ALMOND TASRT brown sugar ice cream」

って書いてあったの!

桃がナイアガラのように盛り付けていると思っていたぶっしー。。。

勉強不足でした(笑)

ナイアガラはフルーツの産地らしくブドウや桃は有名なんだとか!!

なるほど

CIMG3333.JPG出てきたデザートは、たっぷりの黄桃に甘く香りのいいアーモンドタルト

クリームと、アイスも甘いんですが 千切りのミントがとっても爽やかで甘さとのコントラストが絶妙♪

カナダへきてナイアガラ産のフルーツを見つけたらぜひ召し上がってみてくださいね

 

  c.JPG本日は、カナダトロントレポの後にいつものリュクス!!

今日ご紹介したお店は・・・

東京国際フォーラム1階にある

素敵な素敵なチャペル

ミラキュルーズ

名前の由来は「キセキ」と「ミラクル」の造語

フランスのモンサンミッシェルをイメージして作られた素敵なチャペル

,.JPG生成りホワイトにアンティークローズ、ほのかにバラの香りがする女の子には夢のよう空間

こんなところで挙式したーーーい

え.JPG披露宴会場奥の新郎新婦の控室まで、落ち着きある可愛らしいお部屋が用意され

門出を祝うのにとってもロマンチックな演出ができそうですね

 

披露宴会場はイベントやパーティー、宴会にも利用可

100人以上の収容人数に音響設備もばっちりです

k.JPG

 

なによりも、東京駅に近い立地

交通の便もよく地方からいらっしゃる方には便利と人気だそうですよ

 

 

jj.JPGそして、レストラン「ラ・メール・プラール」

モンサンミッシェルの料理人ラ・メール・プラールの考案したオムレツが人気のレストラン

q.JPG

 

というのも、このオムレツ

玉子3個分のメレンゲ状の玉子をオムレツにしてるの!

d.JPGふっわふわのオムレツのボリュームが凄いこと

見た目にも驚きのオムレツ

口に含んだとたん しゅわしゅわとした不思議な食感に玉子の風味

しあわせ~

まるで、本場フランスへ来たかのよう・・・・・

お.JPGオムレツの他にマルミットと呼ばれる鍋料理もあります

ランチのお得なコースメニューもとっても人気なんだとか

 

食後には、ミラキュルーズカフェでデザートを召し上がってみては?

おススメは、りんごをつかったノンアルコールカクテル!

t.JPG白い方が、ラ・メール・プラール風カクテル

アップルジュースに、グリーンティーを合わせたもので、甘さの中にスッキリとしたグリーンティーの後味が◎!

 

そして、もうひとつは ノルマンディー風カクテル

炭酸アップルジュースにグレナデンシロップを合わせたもので、さっぱりと甘酸っぱい味

y.JPG

そして、2種類のデザートプレート

ぶっしーが頂いたのは・・・

プレートB

タルトタタン・クレームブリュレ・チョコレートタルト・りんごムース・マンゴーシャーベット

小さなデザートがいろいろ乗った贅沢なプレート

フランスらしくりんごの形をあしらった可愛らしさも みていて嬉しくなっちゃいますね

 

m.JPG

硝子張りのカフェは、国際フォーラムを見渡しながら気持ちのいいスペース

 

丸の内に、国際フォーラムにこんな素敵なスペースが出来てたなんて!!!

ぜひぜひ、一度足を運んでみてください

 

お電話 03-5252-7171

営業時間 11:00~23:00/カフェ~21:00

 

ミラキュルーズウエディング 

03-5252-7174

その場で見学予約が決められるお電話の予約なら 03-5524-1770

HP http://www.tgn.co.jp/hall/mc/

n.JPG

ぶっしーおススメLOVEソング

トロントを拠点に活動する4人組ロックバンド Our Lady Peace

All you did was save my life

Wipe that smile off your face

Signs of life

でした(*^^)Our Lady Peace=アワレピの曲はアルマゲドン(曲名 スターシード)やラストサマー(曲名 クラムジー)でも聴いた事があるかも!

カナダを代表するロックバンドなんですよ♪

 

タイのお土産にCIMG4153.JPG

大好きなグリーンカレーいただきました!

 

一度作ってみたかったグリーンカレー

今回は芽ぐみ米をブレンドしたご飯で頂きますよ♪

芽ぐみ米は ニッポン放送HPよりインターネットでご購入いただけます!

和食はもちろん、エスニック、中華・・・・いろいろと調理もしやすいうえに 炊くのも簡単!!

ぶっしー食堂では、かなり重宝してます!!

CIMG4151.JPG

さて、さて、グリーンカレーといえば、タイのカレー

ココナッツミルクを使い、スパイシーでまろやかなカレーですよね

本場、タイのお土産ということもあり後ろに書かれている

「美味しい作り方」は一切読めず・・・

なんとか、英語を読み取って作ってみました(^^♪

 

特徴ある食材といえば、スイートバジル。。。

イタリアンのイメージがつよいバジル

CIMG4159.JPGでも、これが香りよくグリーンカレーによく合うんです!!

筍、茄子、キャベツ、しめじ、

鶏胸肉をそぎ切りにして・・・・・いざ調理。

といっても、レトルトのルーとココナッツミルクを合わせて煮込むだけですが・・・・

 

それだけでは、寂しいので

 

CIMG4160.JPG副菜は、浅利のガーリック白ワイン蒸しと

帆立のソテー ブラックオリーブとピクルスのソース

を添えてみました

帆立のソテーは、ズッキーニのソテーの上に焼いた帆立を乗せ

ブラックオリーブ、ピクルスを合わせ、ガーリックオリーブオイルと合わせたソースをかけるだけ

オリーブの塩気とピクルスの酸味で味付けは十分

 

CIMG4163.JPG仕上げにパセリを飾れば完成です!!

 

いっただきまーーーす!

で、グリーンカレーを一口。。。。。。

か、か、か、辛い!!!!!!

尋常じゃない辛さ

BKS(ぶっしー辛さ水準)では、基準外になるであろう辛さ

CIMG4158.JPG

辛いものは得意 なぶっしーでさえ、顔があつーーーくなるほど

でも、ココナッツミルクの風味もあり美味しいの

 

ヒーヒー言いながら、ついスプーンが進むのはさすが!!

グリーンカレー

 

辛いながらも完食&満足

素敵なお土産にブログネタにもなり 

ぶっしー食堂としては大満足でした(*^^)v

ごちそうさまでした~~♪

 

お気に入りの食器屋さん

最近、食器や箸置きを見つけては買っているぶっしーです。。。

今回は、ぶっしーが最近買った

ユニークな食器とそのお店をご紹介します

CIMG4137.JPG

青山にある

一枝軒

小原会館の脇にあるこじんまりとした器屋さん

店の前には、ワゴンに入った食器が沢山

和食器、唐草模様、ラーメン鉢、おちょこ・・・・・

CIMG4138.JPGとにかく、いろんな形、デザインの皿や器など食器が沢山

 

店内には、作家物も数多く扱っており

CIMG4142.JPG今回 ぶっしーが見つけたのは

海外作品?!とも思えるPOPでユニークな作品

実はこれ、日本人で

増田豊さんの作品

http://tunami1020.jimdo.com/

 

まるで、絵本のような世界観

自由で鮮やかで使い手をハッピーにしてくれるような作品です

 

CIMG4145.JPGぶっしーは蓋付の器を購入

コーヒーのお砂糖や、キャンディーを入れようかな・・・・・

 

お店のスタッフの女性もとっても気さくな方で

ついつい 近くに行った際は顔を出したくなるようなお店ですよ

 

気になった方はぜひ!

電話 03-3406-3936

http://blog.issiken.com

 

 

 

ぶっしーのカナダ トロントレポ 2日目

10月18日(火) am6:00

寝心地のいいクイーンサイズのベッドでも慣れないせいか、早めの起床。。。

外はまだ暗い・・・・

CIMG3194.JPGトロントの朝は7時をまわってようやく明るくなり始め新しい朝がやってきました

朝、すこしホテルの近くを散歩しましたよ

 

念の為にと持参した 薄手のダウンコートをはおりホテルの外へ

意外にも、このダウンコートでちょうどいいくらい

街も明るくなり、学生やサラリーマン、犬の散歩・・・・毎日見ているかのように自然に溶け込める。。。

まるで、現地に住んでるような顔して 地元のCafeへ

コーヒーを一つ注文してみました

(緊張しつつ、メニューは指差しだけど(笑)

CIMG3187.JPG

そろそろ、お腹もすいてきたし・・・

一度ホテルへCIMG3190.JPG

朝食は、

「朝食サラダ・2つのポーチドエッグ添え」的な感じのを注文

意外にもボリュームがあって、大満足でした

四角く切った野菜のサラダって斬新。。。ぶっしー食堂でもマネしようかな( ..)φメモメモ

 

CIMG3200.JPGam10:00CIMG3198.JPG

今日のメインは、Cityツアー

トロントの市内をバスで巡るツアーです

ホテルを出て、まずは病院街を抜けると

大きな病院が道の両脇に建っていて、人が沢山

 

バスはあっという間に病院街を抜け、街中を走ります

トロントは、今

ビルやコンドミニアムの建設ラッシュなんですって

何でも、数年のうちにNYほどの人口増加を見込んでいるとか・・・・

CIMG3228.JPG朝から忙しくトラックやクレーンが働いていました

カナダでも大きな大きな都市

「トロント」はまだまだ大きく成長しているようです

 

 

 

 

 

そして、バスは金融街へ

CIMG3274.JPGここは、特に「丸の内」のような雰囲気・・・

大手銀行や企業のオフィスが並ぶ 経済の中心地です

CIMG3279.JPG

 

 

 

 

 

 

CIMG3283.JPGそして、少し走れば

ショッピングモール、オフィス、大学、レストラン、ミュージカルホール、劇場、スポーツスタジアム

テレビ局、歴史地区が点在する

 

トロントの地名の由来は「出会いの場所」

CIMG3202.JPG

まさに トロントは出会いと発見に満ちた 宝石箱のような場所ですよ

 

バスはお昼を目前に、ガイドさんの説明を受けながら走ります

残念ながら英語は理解できなかったけど、目に飛び込んでくる全てのものが新鮮で まったく苦痛ではなかったですよ

都会的な街中をぬけ、オンタリオ湖へむけ南へ・・・・

ハーバーフロントでは、オンタリオ湖沿いにデッキが設けられ 

湖にはヨットやボートが停まっています

 

次にバスが横切ったのは、煉瓦作りの建物が残る

CIMG3721.JPGディスティラリー歴史地区

ここは19Cのウイスキー蒸留所で、現在はオシャレなショップやレストラン

若手人気アーティストのギャラリーが集まっている複合スペースになっているんです

ウエディング撮影.JPG映画のワンシーンの中に迷い込んだかのような雰囲気

横浜のようでしょ?!

ちょうど、ブライダルの撮影中

モデルさんもこのロケーションも絵になりますよね

 

ディスティラリー地区を抜けると、バスがとまりました

ついたところは、

セント・ローレンス・マーケット

地元の人が利用するマーケットらしく

スーパー好きのぶっしーとしては興味津々

中はひろーーーい市場のよう

 

na-ketto.JPGスーパーというより、小売店や卸がはいる大きなテントの中みたい

CIMG3217.JPGお肉屋さん、

野菜、フルーツ、

オリーブ屋さん、

魚、

チーズなどの食品に加え

CIMG3221.JPG

 

CIMG3224.JPGキッチン用品まで!

ぶっしーは、人参型の野菜の泥落としとメープルのクッキー型をGET

CIMG3693.JPG地下には、メープルシロップのお店や、サーモンなどお土産屋さんも・・・・

CIMG3689.JPG

海外に来ると、地元の人が利用するスーパーやマーケットへ行くのって楽しみの一つだったりしません?!

CIMG3700.JPG同じ食材なのに、不思議と違ってみえる・・・・

その中に知らない食材があったり・・・

なんだか、トロントに住んでる気分

ルンルン~~

 

CIMG3204.JPG買い物もつかの間・・・

一行は本日のメイン中のメイン

CNタワーへ・・・・

CNタワーと言えば、街中どこからでも見えるのでは?!というくらい

どこからでも見えるまさにトロントのシンボルタワー

さて、遠目にみてきたあのタワー

間近でみるとどんななんだろう

 

高所恐怖症・・・???

そ、そ、そんなの

あるわけないでしょーーーーーーーーー

次回 「CNタワーレポート」へ つづく

 

≪旅のこぼれ話≫

トロントは、街のあちこちに緑のスペースがあって

散歩中の人、通り抜ける人、座ってのんびりしてる人がいるんです

紅葉した大きな木の根元でぴょこぴょこ跳ねる生き物が・・・・

CIMG3347.JPG

 

 

リス!!!

 

日本でみるシマリスではなく、灰リスや黒リスといって猫より少し小さいくらい

・・・といってもシマリスよりははるかにデッカイ

色もシルバーグレーで忙しく木の実を食べていました

日本ではなかなか見られない光景でとってもかわいいですよ

 

 

  CIMG4066.JPG山梨県へお仕事へ行った際・・・

清里の駅前でたまたま入った珈琲屋さん

看板には ばっちり「珈琲」の文字

 

ですが・・・・

 

ですがーーーー!!

 

CIMG4068.JPG

 

 

CIMG4070.JPGお店に入ってみると 雑貨屋さんのような

ヨーロッパのアンティークな電話や、北欧風の置物、アジアンテイストな飾り

アメリカンなポスター、日本的な置物・・・・

まるで地球儀の様なお店(笑)

 

お店の名前は

『草原遊泳』

奥にいるママさん→ふきこママ

ママの入れてくれる珈琲が また美味しいの!!

CIMG4071.JPG

CIMG4084.JPG笑顔の素敵なパパさん→実はあの超人気作家の伊坂幸太郎さんの叔父さま

重力ピエロ、アヒルと鴨のコインロッカー、ゴールデンスランバーなどなど

小説も映画もチェックしているぶっしー・・・・・余りの偶然に感激でテンション

店内で見つけた滝沢牧場のアイスクリームもとっても濃厚で美味しくて

ちなみに、左の女性はその滝沢牧場の方

なんだか、素敵な出会いのあった珈琲屋さんでした

 

CIMG4081.JPG山梨は自然豊かで、紅葉も美しく

とっても素敵なところでした~

清里へいらした際は「草原遊泳」行ってみてくださいね!!

ぶっしーのカナダ トロントレポ

 

さて到着した日は、

CIMG3125.JPGホテル近くの人気イタリアンレストランで今回の旅の責任者トロント観光局のMichele Simpson さん、海外メディアの取材陣と同席にて食事

Dinner at Ciao Wine Bar

www.ciaowinebar.com

トロントに来て感じたこと その1。

照明がオシャレに暗い!

日本では考えられないくらい暗いんです・・・・。でも、それがまたムーディー

メニューを見ても、読むだけで一苦労のぶっしーは「サーモン」「チョコレート」「サラダ」などのキーワードを手掛かりになんとかセレクト(笑)

CIMG3127.JPGですが!!

テーブルに並ぶお皿の大きいこと

とても一人では食べられず、みんなで分け合いましたよ~

 

同行したスタッフ関根さんと代理店の荻原さん・・・・さっそくお仕事モード?カメラを構えてます

CIMG3129.JPG

 

 

 

・・・・ぶっしーはというと

 

 

 

 

食いけ!!!

CIMG3128.JPG

 

機内であんなに食べたくせに・・・・。

おやつに配られるカップラーメンも完食したクセに・・・・。

すっぴんも気にせず しっかりデザートまで頂く始末!

 

a-n.JPG

 

写真を撮るにも、照明が暗過ぎて・・・・・

 

さて、旅の本番は明日から!

つかの間の食事を終え、3人(ぶっしー、関根さん、荻原さん)はコンビニへ買い出しに

itigo.JPG

 

 

 

 

コンビニといっても、東京のようにあちこちにあるわけではなく

近くのガソリンスタンドまで散歩がてら歩くことに

 

トロントの街は、十分歩いて巡れるほどコンパクトにまとまり

道も南北、東西にまっすぐ伸びていて分かりやすいのです!(京都みたいな感じ)

病院エリア、大学・スクールエリア、ショッピングレストラン、ナイトスポット、などが各ストリートに集まっているらしく、街として生活するのも便利な作りになってるみたい

 

 

中でも、ぶっしーが押さえておきたいのは2大ファッションストリート

◆高級ブランド店やブティック、路面店が並ぶオシャレな・・・ブロア通り

ヨーロッパ・アメリカンブランドをはじめ高級ブティックもさることながら、

カナダブランドのRootsやコスメM・A・Cは要チェック!!

◆南北にながーーーーく伸びる・・・ヤング通り

トロントの大きな大きなショッピングモール 「イートン・センター」今回は行けなかったけど次回絶対行ってみたいところ!!

セレクトショップやオーガニックコスメ、スーパーマーケット、雑貨屋さんなど個性的なお店が沢山

CIMG3148.JPG  

この大きな2つの通りを3人で歩きながら感じたこと その②

道がキレイ!街がキレイ!

キレイって、清潔って意味ね

あと、治安がいい

海外に来ると、お財布は腹巻きのようなポシェットに入れるべき?!なんて 旅の初心者ぶっしーは思うんですが(笑)

トロントの夜は、歩いていても海外で日本人が感じる威圧的な不安感は微塵も感じなかった

いい意味で、日本のような・・・海外なのにどこか親しみやすく どこかホッとするくらい

 

夜の街をこんなにのんびりお散歩出来るなんて・・・・CIMG3150.JPG

初日にしてどこまで魅力的なんだ・・・・・トロント!!!

北海道と同じくらいの緯度にあるトロント

寒いというよりは冷たく感じる夜風に、体も冷えてきたところ・・・・

CIMG3149.JPGTim Hortonsというコーヒーチェーンで一杯のコーヒーを飲みました

何でもない、紙コップに入ったコーヒーが特別おいしく感じたのは

食後のお散歩のおかげか

はたまた、カナダ トロントという異国での夜だからか・・・・・

 

夜が明けると、トロントはどんな表情で迎えてくれるんだろうか・・・なんて思いながら

初日の長い夜は更けるのでした

 

 

                            つづく

 

 

≪旅のこぼれ話≫ CIMG3496.JPG

ぶっしーが立ち寄ったコーヒーチェーン

Tim Hortons

カナダではスターバックスよりメジャーで特に東部カナダで人気のコーヒーチェーン店

カナダ人で知らない人はいないといっても過言ではない!!ってくらい街中に沢山ある

コーヒーのほかにも、ドーナツやサンドイッチも人気

コーヒーは一杯 C$1~C$1.50くらいですよ

トロントへ訪れた際は是非 立ち寄ってみて!!

 

ようこそ!新 ファイル0010.gif

新しいぶっしー食堂の厨房でのお料理

・・・・・ひとこと

快適

 

CIMG4039.JPGと言う事で、大好きなお寿司屋さんで頂いたお料理をヒントに

鶏団子に焼き葱、焼き揚げの吸い物

きんぴら人参

かぼちゃの田舎煮

イカと長ネギの塩炒め

梅干しとわさび漬け

 

 

 

CIMG4035.JPG吸い物は、丁寧にとった出汁にほんの少し塩と薄口しょうゆで味を調えるだけ

それでも、鶏団子からいいお出汁がでるんです!

葱と油揚げは焼いた方が香ばしく、香りがいいので焼きましたよ←これはぶっしーアレンジ

イカと長ネギは塩炒めに

CIMG4037.JPGかぼちゃは 醤油と砂糖で田舎煮にしました(田舎煮がご飯にあうんですーーー!)

きんぴら人参は余り人参を使っただけ・・・・

 

ご飯にお吸い物、野菜のおかず・・

ヘルシーでホッとするメニュー

やっぱり、ぶっしー食堂の和定食は定番でしょ?!

 

11月に入りました!今年も残すところあと2カ月・・・・

 

待ちに待った カナダ トロントレポ

解禁で--------------------------------------------す

早く皆さんにご紹介したかったカナダ

今回はここ丸の内を飛び出し、大都市 トロントへお邪魔しました

CIMG3117.JPG

10月17日(月) 

東京 成田 pm17:00

 

 

 

なんと、ぶっしーほぼ3年ぶりの海外

久しぶりの成田空港 国際線43番ゲート・・・・Air Canada 002便 

行き先は カナダ トロント

もちろん、カナダは初めて!!

ぶっしーの海外6カ国めとなる旅の始まりです

 

旅の始まりの前に・・・トロントについてご紹介しておきましょう

ぶっしーが、空港で購入した「タビトモ」によれば

◆東京より飛行機でおよそ11時間50分(直行便)

◆時差は日本時間マイナス14時間、ちょうどお昼と夜が反対になる感じかな。。。

カナダ最大の都市で、オンタリオ州の州都 

◆経済、文化の中心地

◆人種のモザイクともいわれるほど、色んな人種が暮らすメトロポリタン・シティー

 

・・・・・ふむふむ( ..)φメモメモ

東京でゆう丸の内のような感じなのかな?

寒いって聞いたけど、上着は大丈夫かなぁ~。。。飛行機でちゃんと眠れる??

なんて、旅の素人感丸出しで機内へ乗り込み

 

滞りなく睡眠と食事をとり 

 

時差ぼけすらせずに(笑)

無事 トロント・ピアソン国際空港へ到着

後で、知ったけど 日本からカナダ東部への直行便はトロントのみ!

利便性からも、トロントってとっても便利。。。

 

10月17日(月) トロント pm16:40 曇り

CIMG3120.JPG荷物を取り 到着ゲートへ出ると「MARI INUBUSHI」というボードを持った日本人女性が待っていてくれました。

志鶴 泰子さん 60代くらいの明るく気さくなコーディネーターさん。

彼女に案内され、トロントまで車で40~50分ほど・・・ハイウェイは夕方ということもあり少し混んでいました。

 

次第に近づいていく街の明かり

CIMG3123.JPGビルや高層のマンション・・・・

トロントの夕刻

キャンドルに一つ一つ明かりをともしていくように

街に光がともるんです

空は時刻19時30分を回ってようやくトワイライト

 

CIMG3122.JPG

街のシンボル、CNタワー

トロントの中で一番高くそびえたち、私たちを迎えてくれました。

 

とにかく、トロントは予想以上に都会的で

ぶっしーの旅への期待は グッと高なるのでした・・・・・・

                      

 

 

                      (つづく)

 

 

 

 

≪旅のこぼれ話≫

到着した日は、トロントでアイスホッケーの試合があったようです!

トロント・メープルリーフス        コロラド・アバランチ

contests_home121510[1].jpgVS   sideimg_avalanche[1].jpg

 

dairy[1].jpg NHLの中で最もファン層が厚く、最大級の人気を誇るトロント・メープルリーフス!!

この日は、ホームゲームと言う事もあり街中には、ユニフォームを着たファンや観戦者が沢山

大迫力で観る本場アイスホッケーの試合や、プロスポーツ観戦も楽しめるなんて魅力的

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

profile

犬伏まり (いぬぶしまり)

数々の雑誌、CMに出演するモデル。オスカープロモーション所属。血液型はO型。特技は、車の運転、阿波踊り、英検準2級。2008中日韓『友好大使』国際スーパーモデルコンテスト活力友好大使賞(審査員特別賞)。