2010年10月アーカイブ

キャンドルアロマ (2).jpg

 

先週大好評だった、

ボディクリームにもなるキャンドル

 

今週も引き続きその素敵な、温かい保湿アイテムをご紹介したいと思います

 

今回取材にご協力いただいたのは
スパ御用達のキャンドル、ラグジュアリーアロマ

 

こちらも溶けたキャンドルがボディクリームに

 

 

エステの様子.jpg

 

ラグジュアリーアロマは世界でスパの賞【Best of the best award(spa line)】を取るなど
海外ではかなり有名なスパアイテム

 

日本では、ウェスティン東京のスパや
軽井沢プリンスのスパザフォレストなど、ラグジュアリーなホテルスパで取り扱われています

 

化粧品認定がされているのですが、
温まることにより、保湿成分がより浸透しやすくなります

大きいタイプと、 

 

キャンドルアロマ (4).jpg

 

小さいタイプがあり、魅力的なのはこのパッケージも

空間コーディネーターの渡辺ゆり子さんが手がけたという
日本オリジナルパッケージです

 

それぞれ番号がふってあって、
もちろん全部の香りが違います

 

キャンドルアロマ (6).jpg

ろうそくで火をつけるか、
ドライヤーの熱で温め、お肌にぬります

もちろん!熱くないです

ちょうど人肌ぐらいの心地よい温度です 

 

キャンドルアロマ (5).jpg

 

この数字のパッケージの魅力は、
お誕生日などの数字に合わせてプレゼントすることができるということです!

 

例えば12月14日お誕生日の方にプレゼントする場合は、

1 と 2 と 14 の組合せ

 

それぞれ
1の香りは、ゼラニウムをベースにしたSensual Blend

2の香りは、グレープフルーツとスペアミントのUplifting Blend

14の香りは、マンダリン・みかん・グレープフルーツなどが入ったSage&Citrus

 

 

ミニキャンドルの専用BOXラッピングは3つからですが、
自分の生まれた日にちなんだ数字で、3つの香りが楽しめるのは嬉しいですよね! 

 

キャンドルアロマ (3).jpg

 

溶けたキャンドルの保湿を高めるバスソルトもおすすめだそうです

 

スパでも使われる品質に
良い香り
そしてプレゼントにもぴったりなラグジュアリーアロマのキャンドル

 

大切な日に灯して使いたいキャンドルです

 

 

ラグジュアリーアロマ
http://www.luxuryaroma.jp/

 

温かいキャンドルを灯したくなる季節・・・・

 

 

今週ご紹介するのは、なんと、
体に塗るキャンドル!!

 

キャンドルに灯をつけたあとに、
溶けたキャンドルがボディクリームになるんです

数年前に外国から入ってきた塗るタイプのキャンドル、
いい香りがしてお肌にもいいとの噂

 

ずっと使ってみたいと思っていたので、
今回、人気のボディクリームキャンドルを取材してまいりました!

 

 

 

ミレナーズ (7).jpg

 

第一弾はミレナーズブティックジャパン

外苑前にある店舗は、
本当に可愛らしくて、入ったとたんに良い香り 

 

ミレナーズ (6).jpg

 

多くのタレントさんが愛用なさっています

もともとキャビンアテンダントをなさっていた女性が、
ミレナーズのキャンドルをぜひ日本に!ということで、
販売されるようになった商品

 

香りは200種類以上、
オーナーのミレナさんが心をこめて作った手作りの、温かい商品なんです 

 

ミレナーズ (3).jpg

 

恐る恐る塗ってみると・・・・・

全く!熱くありません

人肌より少し温かいぐらいです

ちょっと熱いものを我慢して塗るのかと勘違いしていたわたしは拍子ぬけ

 

肌に塗りこんでみると・・・
本当に潤うんです

ぴっくり!

 

パラフィンや科学的成分が入っておらず、大豆オイルのかたまりなため、
固まらないうえに、しっとり!

艶っとした肌になりました

思わぬ保湿能力の高さ!

 

 

ミレナーズ (8).jpg

 

そしてなんといっても香りの多さが魅力

必ずお気に入りの香りを見つけることができるはず

フローラル系から、あまあまのお菓子の香り、少しセクシーなムスク系など、
家中に置きたい!

お値段税込み12,900円です。

 

ミレナーズ (5).jpg

そして店内にはかわいらしいキャンドルグッツも 

 

ミレナーズ (4).jpg

溶けたキャンドルをこのようにケースに入れて
練香水代りに

しっかり香るのにきつくないので、お食事のときにもよさそうです 

 

ミレナーズ.jpg

 

今の季節は湯たんぽクマちゃんもおすすめです

ベットに湯たんぽ、横に好きな香りのキャンドル、そして寝る前に保湿・・・・
これで幸せにならないわけがないです

 

 

 キャンドルとして、ボディの保湿として、お部屋の香りづけとして、練り香水として、
いろいろ楽しむことができるミレナーズのキャンドル

 

欲しい!の一言です

 

 

ミレナーズブティックジャパン
http://milenasboutique.co.jp/

 

 

miniminiコスメ (5).jpg

 

10月は結婚式シーズン、

そして年末に向かうにつれて、パーティーなどの華やかな行事が増える方も多いと思います

 

パーティーバッグといえば、
小さい!

 

でもパーティーメイクといえば、
ばっちり!

 

小さくてもいつもより派手なメイクを上手くお直しするために活躍するのは
多く出ているミニコスメ

 

パーティーバッグにすっぽりと入るミニコスメで、
いつもと同じ、いえいつもよりもしっかりとお直しできるように
いろいろと試してきました!

 

 

miniminiコスメ (3).jpg

 

結果として、
小さなバッグに、厳選してこれらのものが入りました
すかすかでまだカメラや携帯が入る余裕があります

 

でも広げてみると・・・・・

 

miniminiコスメ (4).jpg  

なんとこんなに入っているんです!

右上から時計回りに

①ファンデーションのついたパフ

②ヘアピン

③麺棒

④オイル麺棒

⑤アイライン(ブルジョワ)

⑥ホットビューラー(ヴィダルサスーン)

⑦パレット(ランコム)

⑧チーク&リップ

です。

miniminiコスメ (8).jpg

 

披露宴と二次会では、カジュアルダウンされる方も多いのでは

 

ヘアアレンジは同じという方がほとんどだと思いますが、
まとめた髪を、思い切っておろしてしまうと、
またがらりと印象がかわります

 

miniminiコスメ.jpg

⑦アイシャドウパレット

だけなんだか大きい気がしますが、
ハイライトと、色ものと、鏡を兼ね備えているので、
実は一番、小さなバッグには必要なアイテム

 

4色パレットにあるハイライトはクマを隠して、もとの明るい肌に

カラーシャドウを目元にプラスしてぐっと印象を変え、
ピンクが入っていればチークにも

 

鏡は必ず必要ですし、
優秀なパレットは一ついれましょう

 

そのぶんファンデーションは事前にパフにつけておいたものを
ティッシュに包んで入れるので、
全くかさばりません

 

miniminiコスメ (2).jpg

そしてこの3つはいわゆる『ミニコスメ』

 

dodoの練りチークは、グロスに代用でき、
そしてブルジョワのブラウンアイライナーは、
アイラインと、そして眉!!に代用します

 

アイラインを眉描きに、というとちょっと不思議な感じですが、
だいじょうぶ

落ちにくいし、しっかりとかけるし、ぼかせは自然になるし、いいんです

アイブロウはなかなか小さいものがないので、
アイラインで代用、おすすめです

小さなホットビューラーは最近多くでています

 

ビューラーはどうがんばっても幅をとるので、
代わりにホットビューラーがひとつあれば安心ですね

 

miniminiコスメ (7).jpg

そして鎖骨と首にハイライトを塗るのが、夜前のお直しにおすすめ!

 

暗い照明だと、このひと手間でとても肌がきれいに見えるんです

miniminiコスメ (9).jpg

ただお直しをするだけでなく、
少しのコツでがらっと印象も変えることもできます

優秀なミニコスメといっしょにパーティーを楽しみましょう!

 

やっと涼しい季節がやってきましたね

涼しいを通り越して肌寒い気もしますが、
飲み物も冷たいものから温かいものを欲しくなります

 

そこで注目したい飲み物というのが・・・・

 

『白湯』

 

お茶でもコーヒーでもありません、何も入っていない、
沸騰したお水をさましたもの、それが白湯です

 

白湯を積極的に摂るという習慣がある方は少ないかもしれません

でも白湯について調べてみると、
魅力的なことばかり

 

今週はそんな 白湯 を積極的に飲んでみました

 

さゆ (5).jpg

 

 

そもそも白湯に興味を持ったのはひとつの美容本から

白湯は、温める・燃やす・流す、の3つの効果があるというので
実践してみたくなったのです

 

白湯はインドに古くから伝わる【アーユルヴェーダ】で重宝されている、
予備医学のひとつ

 

病気になってから治すのではなく、
病気になるのを予防して健康な体を保つというのがアーユルヴェーダ

 

白湯はそこで大事な役割を果たしています

 

体を中から温める

体の代謝をあげる

体の毒素を出す

 

この3つを実際に感じることはできるのでしょうか

 

 

①お湯を沸騰させる

 

s-yu.jpg 

 

白湯とお湯はイコールではありません

白湯は、一度沸騰させたお水のこと

 

アーユルヴェーダ的に、沸騰しているときに気のエネルギーがどんどん入ってくるそう

殺菌効果もあります

 

温度的には体温よりも高い温度、と、細かい決まりはないので

ちょっとぬるくなるまで待って待ちます

 

朝飲むと、消化を促して、毒素を出してくれるので、
朝飲むのがベスト
だそう

さゆ (2).jpg

さゆ (3).jpg

 

はい、写真は朝ごはんじゃなく夜ご飯です

 

常温のお水で多少 無味には慣れてるのでだいじょうぶですが、
いつも味がついてるものを飲んでる方には、ちょっときついかもしれません

でも、実は、白湯が不味いと感じる方は、
体に毒素がたまり、味覚が麻痺している可能性が!!

健康チェックにまずはひとくち 飲んでみてください

 

 

 

②ポッドの設定温度を50℃にしてみる

s-無題2.jpg

 

といっても、沸騰させるのを待って、冷めるのを待つのは正直、
めんどう^^

 

なのでポットの設定温度を変えてみました!

なんのために生ぬるい温度設定があるのかしらと思ってましたが
白湯にはベスト!

これなら気づいたら、まめにつぎたして飲めるので良いです

体もかなりぽかぽかと温まってきました

 

そして、いつもはできないところに、にきびが・・・!

最初は毒素が出てにきびがでると書いてあったのですが
本当だ!びっくり!

 

 

 

③電子レンジで温める

s-IMG_3860.jpg 

 

電子レンジでもOKという説もあり

でも、人肌温度まであたためるのではなく、
ぐつぐつとするまで温めてからさますのは同じです

 

こちらもやりやすくて良いです

 

ここで新情報

白湯には利尿作用があるそう

 

なので、一日中白湯のみ飲むのは実はNG

お水は別にとるのが良さそうです

 

 

 

 

④頼んでみる

さゆ (4).jpg

 

 

ここでちょっと・・・

 

お店で頼んでみました
『白湯ください(^o^)』

 

出てきました

 

でもちょっと・・・恥ずかしいのでおすすめしません

 

 

 

 

⑤水でうすめる

 

NGなのが、水でうすめて温度をさげるということ

 

実は調べるまでこの方法でやってましたが、
水は一部分の温度を下げてしますし、
殺菌した白湯からしてみれば"不純物"

 

全体をあたためて冷ますのが必須です

 

なので焼酎お湯割りとかじゃ、だめですね!!

 

 

 

 

一週間続けてみて、
もう3日目ぐらいで、白湯を甘く感じ、
飲むのが辛くなくなりました!

 

とてもとてもとてもシンプルで、
実は体にいいことだらけの白湯

 

新しい美容習慣にとりいれてみてはいかがでしょうか☆