2008年4月アーカイブ

丸の内の象徴とも言える新丸ビルが、4月25日に、1歳になりました!
オープンから一周年を迎えたのです!!

そんな新丸ビル、すっかりお誕生日ムードです。



お誕生日と言えば、「花」
まず1階の大きなゲートには、本物のバラがたくさん敷き詰められています。
写メを撮るお客さんでいっぱいです!

こんなに沢山のバラを見るのは初めて!



そして、1周年を記念して、新丸ビルの店舗では様々な一周年記念品を販売しています。

この写真は「ジュリーク」の一周年限定セット
限定アイテムはほとんどの店舗で数量が限られているので、お気に入りの店舗にはぜひお早めに!!


 





そして、4月19日(土)~27日(日)は、新丸ビル7階 丸の内ハウス内 アトリエルームにて、「見たことのないような帽子の展示会」が開催。

この帽子・・・髪の毛でできているんです!!
帽子と言うより、ウィッグですね

かぶっているモデルさんの写真と、実物が展示されています。
アトリエルームは常に無料で開放されていますので、お買い物後の休憩にぜひ立ち寄ってみてください。






そしてお店には、必ずどこかにバラやお花がディスプレイされています。
中にはメッセージ入りのバラも・・・
どの店舗に隠れているかは、どこにも載っていないので探してみてください!!







そして、新丸ビルのように、丸ビルでもお花が溢れていました。
27日まで行われていた「丸の内フラワーウィーク」

丸ビル1階マルキューブには、「祝祭」をテーマに花や緑を使ったディスプレイが登場。
日本全国の"花のプロ"が、最新の花の楽しみ方を紹介しました。


 
新丸の内ビルディング
 



今回は、前回に引き続き 朝EXPO に行ってきました!

体験したのは、4月23日月曜日にニッポン放送イマジンスタジオで行われた『あなたも朝美人になれる!ぐっすり快眠&すっきりお目覚めの秘訣とコツ』というワークショップです。

仕事にプライベートに忙しい丸の内OL
ぐっすり寝てすっきり起きることによって、毎日を元気に迎えたいですよね。

開始時間は7時15分と、早朝にもかかわらず、会場には女性がたくさん集まりました。



こんな時間に集合できるぐらいだから、早起きが得意なのでは??と思ったのですが、睡眠についてのお悩みを聞いてみると

『2度寝してしまう』
『一日4時間ぐらいしか寝る時間がない』
『朝がすごくだるい』
『なかなか寝れない』

と、睡眠に不満がある女性ばかり。




そんなお悩みを解決してくださる講師の方は、
(右)睡眠改善インストラクターの竹内由美さん
(左)「朝時間.jp」編集長の内海裕子さん





まずは、朝すっきり目覚めるための体操を教わります。
そして起き方
一度体を横に傾けてから起き上がるのがいいそうです。



次に、睡眠サイクルの講義に。

最初の2・3時間、一番眠りが深くなるときに、ぐっすり寝ることが大事
また、最後のレム睡眠で夢を見るといわれていますが、人間はこの時に不要な記憶を整理するので、ストレス軽減効果もあり、いやなことも忘れやすくなるらしいです。



そして、いい睡眠生活を送っているかのチェックシートで自分の生活を振り返ります。
チェックが少なければ少ないほどいいのですが、なかなか優秀な私。

でも、寝る時間・起きる時間がばらばらになってしまうのが結構なマイナスポイントだそうで・・・
夜お仕事が終わったら、おうちでも働かない・すぐ睡眠に移る!!それが不規則なお仕事をする女性が心がけるべきことだそうです


仕事がつらい、学校がつらい、と思っている人は、朝起きるのもつらいそう。
ストレスが強すぎると、眠りの妨げになるから、朝楽しいことを作りましょう。



講義が終わった後も、先生に質問をしたい生徒さんの列がずらっと並びました。


丸の内OLのみなさんに向けて、一番先生の言葉の中で心に残った言葉をご紹介します。

『朝起きて仕事いって帰ってきて寝る・・・昔からの男性のような生活をしていると、女性は壊れてしまいます。
女性の体・心は、そもそも男性とは作りが違うんです。

自分が好き、楽しい、と思うことをすることが、女性の心身にとっては本当に大切な役割を果たすのです。

プライベートな時間を大切に。』


仕事は、人生を豊かにするものですよね
男性と働いていると、同じぐらい働かなければ、同じぐらいがんばらなければ・・・そう思ってしまう事も多いと思いますが、自分の時間を持つこと・睡眠で女性ホルモンのバランスを保つことが、女性の体・心作りに重要な役割を果たしていることを、もう一度考えてみたいです




朝時間.jp
http://www.asajikan.jp/

暖かくなり、朝起きるのも気持ちよくなってきた今日この頃
みなさん、朝を有効活用していますか??

朝は気持ちもポジティブ、そして太陽のエネルギーがいっぱい!
そんな時間を、ぎりぎりまで寝ていたらもったいない!

朝こそ体を動かせば、一日を元気に迎えることができます

ということで・・・行ってきました、朝EXPO!!

2005年に始まった朝EXPOは、今回で4回目になります
丸の内各所で、座禅やウォーキングやアートセラピーなど・・・大体7時半から8時半まで、いろいろなイベントが催されます

その中で私は、MARUNOUCHI CAFEで行われた、氣功セラピー『循環美人』に行ってきました!!



氣功 と聞くと、何を想像しますか??
師匠が手を前に伸ばすと、人が前に飛んでいく!そんな光景が浮かぶ私ですが、予想は大はずれでした

教室にはゆったりとした音楽が流れ、ストレッチをするような要領で、氣功を体験していきます
体を伸ばし、深呼吸をし、循環をよくして体にパワーをみなぎらせていくのです



息をゆっくり吐きながらのストレッチを、どのツボを刺激するといいかの説明とともに行います

ゆっくり息をすることによって、体は循環するそう
窓からは丸の内の緑が見えて、とても気持ちいい空間になっています



今回の講師、チャン・ツィー先生
中国の由緒正しき氣功師の一人娘として、『張式呼吸』の英才教育を受けた方です。




続いては歩いて腰を動かす運動に
腰を動かすことは、女性にとってとても大切なことだそう



これが一押しの!!鶴のポーズ
オープンハートのうごきで、緊張をほぐすのに効果的です。

先生いわく氣功とは・・・
自分の本来あるべき姿に戻ろうとする ことだそう。


嫌なことがあったときに、如何にそこにむかっていくか
如何にエネルギーを高め、幸せに持っていくか

そのエネルギーを氣功で高めていき、人生にどんどんチャレンジしていこう、とおっしゃっていました。


会場の生徒さんたちのレッスン後の感想は、
気持ちいい、あったかくなる、肩こりが減る、背筋がまっすぐになる、頭すっきりした・・などなど。

一番、気持ちいい、という感想が多かったですね。
一度習えばどこでおできるストレッチ法ばかり
ぜひ皆さんも、エネルギーをためる氣功を体験してみてください!!



 
 


そして朝EXPOでは、21日22日23日の3日間、東京国際フォーラム地上広場にて、屋台が広がっています!!

時間は7時半から9時。

早起きした人しか体験できないおいしさです

2008年4月16日(水)~18日(金)の3日間、丸の内オアゾのOO広場にて行われたALLIEのイベント、『Hello Sunshine'08 ~次世代サンスクリーンを体感する3日間~』に行ってきました!!



 



カネボウ化粧品 の高機能サンスクリーン、ALLIE

みなさん、ALLIEに夏のイメージはありませんか?
過ごしやすくなってきた今の時期、まだまだ紫外線対策は必要ないでしょうか?

一番すごしやすい今の時期こそが、紫外線が強いんです!
日焼けだけではなく、しみやたるみも引き起こす春の紫外線。

毎日塗ってもさらさらと気持ちよく肌を守ってくれるALLIEで、健康な美白ボディーを目指しましょう!!



当日は、ALLIEのサンプリング以外にも、たくさんのイベントが行われました。

体験ショーケースでは、小さな色素沈着も撮影できる「ロボスキンアナライザー」を設置。
自分の顔を撮影して、どこにシミがあるかを知ることができます。

意外に多いんですよ・・・

予約制のロボスキンアナライザーは大人気!!
美容に敏感な丸の内OLで予約はすでにいっぱい!




 



 



会場には、ALLIEや日焼け対策を詳しく教えてもらえるブースを設置
ALLIEのホームページを見つつ、紫外線の恐ろしさや正しい知識をお勉強!

例えば・・・日焼け止めを塗らずに日傘を差しても効果がないことをご存知でしょうか??
『なんで!?』と思われた方は、今すぐホームページをチェックしてみてください☆



 



 



 



そして、当日はINSPiによるアカペラライブも行われ、会場は大盛り上がり!
我らがSuono Dolceとの生放送中継も行われました。




丸の内オアゾ
東京都千代田区丸の内1-6-4JR「東京駅」丸の内南口から徒歩1分

Kanebo ALLIE
http://www.kanebo-cosmetics.jp/allie/

 

 

今回は、4月11日15日に丸の内カフェで行われた、『ウォーキングエクササイズ』に行ってきました!

 

6.jpg

 このポーズに見覚えはありませんか??

そう、今回ウォーキングを教えてくださる先生は、デューク更家さんの公認ウォーキング講師をしていらっしゃる、みのわ愛さん!

 

先生によると、スポーツ独自のエクササイズが歩くように、ウォーキング用のエクササイズがあるそう。

まずはじめに、エクササイズをしてからウォーキングをします。

 

1.jpg

まずは足痩せのマッサージから。 

温泉効果のあるジェルを手に出してもらってマッサージ。

2.jpg

マッサージ後は、美白&細身に!

 

3.jpg

床に座ってストレッチ 

 

4.jpg

 辛い腹筋も!

つま先をあげてのばして・・・10回を2セットずつ!

どこに効果があるかを聞きながらやるので、みんなやる気十分!!

5.jpg

 

ここでウォーキングに入ります!

足をあげながら、手を後ろにして、正しい姿勢を保ちます!

 

019.JPG

 

1時間半のレッスンのあとは・・・きれいに歩けるようになりました!!

今回は、 国際ビル地下2階にある、ABC cooking studioに、お料理教室の体験に行ってきました!

実際にお菓子つくりを体験して、ABC cookingがどんなところか覗くことのできるイベントです。

 
 

広いキッチンスペースには持参のエプロンで料理をする女性がたくさん!!
丸の内という場所柄からか、仕事も花嫁修業もバッチリな、20代後半の生徒さんが多いようです。

 
 


2ヶ月に1度メニューが変わるこのイベントですが、
3月4月のメニューは「いちごのタルト」と「ベーコン&ベジタブルブレッド」。
2つのメニューのうちからどちらかを選びます。

私は「いちごのタルト」をチョイス!

  

 
 
 
  
容器と材料はずでに用意されています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入会金などは不要で、参加費は1000円です。
 
自炊は、健康管理や美容にも効果大!!
もちろん花嫁修業にも・・・
 
 
 
 
 
 
ABC cooking studio +m

男性も通えるスタジオがABC cooking studio丸の内校の向かいにあります
作ったお料理をもてなすためにゲストを呼ぶことも可能です。
そのためのGuest Roomも併設されています。
モニターを見ながら料理をするという新しい形式です。
ABC cooking studioとは違い、エプロンやスリッパも用意されています。

お料理中はなんとフリードリンク!
ワインを飲みながらお料理・・・
そんな楽しみ方も出来ますね
ABC cooking studio 丸の内
ABC cooking studio +m

見て感じて買えるアート

 4月4日、5日、6日に東京国際フォーラム地下2階展示ホールで行われた、『アートフェア東京』に行ってきました!

 

画像 196.jpg

今回が13回目となるアートフェア東京

世界6都市から選りすぐりの108の画廊が集まります。

 

floor.gif 

アートフェア東京では、古美術・工芸・日本画・洋画・現代アートとさまざまなジャンルのアートが展示されました。また、国際展や美術館で見た作家の作品が、アートフェア東京で購入できることも魅力の一つです。

 

その他にも、ネット上で気軽に作品を買う事ができる「インターネットアートフェア by アートフェア東京2008」を開催。http://www.artfairtokyo.com/shop/index.html

 

また当日は、「会場ガイド・ツアー」や、トーク・イベント「ダイアローグ in アート」も行われました。

 

 

アートの魅力は、自由に感じることができることだと思います。

そして、感じ方は見る人によってぜんぜん違う。

なので今回は、私が惹かれた作品をご紹介!!

 

 


画像 279.jpg

 

 

画像 305.jpg

 

画像 310.jpg

 

画像 288.jpg

 

画像 289.jpg

 

画像 317.jpg

 

画像 308.jpg

 

画像 329.jpg

 

画像 296.jpg

 

 

アートフェア東京2008

http://www.artfairtokyo.com/

 

【4月3日放送】 静香のa pieds marunouchi

今回のレポートは「丸の内 不思議なものたち」です。

4/3(木)19:30~On Air 「a pieds Marunouchi」コーナーで

このレポートが詳しく放送されますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

丸の内には、仲通りを中心に、不思議なアートが沢山あります。

(あれは一体何なんだろう?)と首をかしげて通り過ぎていました

それを今日ははっきりさせます!!

 

画像 027.jpg 

 

画像 026.jpg

新有楽町ビル

ラド・V・ゴーチャビーヅェ
"放たれた馬"

1990年、美ヶ原高原美術館で開催された、第三回ロダン大賞展に出品された作品である。二頭の馬が仲睦まじく大空に向かい力強く嘶き、自由に野を駆けている。

画像 030.jpg

 

  久保田博之
"闘風"
新国際ビル

 

画像 034.jpg

 

画像 033.jpg

 

国際ビル

大城智
"嘘の雨"

上部の塊は雲を表現していると思われる。細い部分は雨か雷かどちらか識別はつかないが、ブロンズの荒々しい地肌に金箔と銀箔を使い厳しい自然環境の中で発生する雷雲を表現しているようである。

 

画像 037.jpg

 

丸の内ハウス

カウパレードを思い出します


 

画像 035.jpg

 

 

画像 036.jpg

 

新東京ビル

阿部千隆
"大地が歩く"
「ちょっとしたきっかけの出会いの中で遺跡発掘調査の仕事をした。地表を削り、その土を運び、測量をして大地を掘る。掘りおこされた人の生活の跡の形に興味をそそられた。住居址、土杭、炭焼址、道路状遺構などなど・・・人が生活の必要に迫られて造った形に自然が歳月をかけて味付けをして出来た形だ。私は大地と人間との係わりを強く感じずにはいられなかった。私の彫刻にその形を取り入れようと思った。」


 

 

 

画像 051.jpg

 

 

画像 052.jpg

 丸ビル前(行幸通り側)

 ウー・アーサン
"眺め"

アフリカ旅行で風土や原住民の生活から鮮烈な影響を受けた彼は、「活動するリズムこそが、大自然の中で最も真実で、しかも神秘的な生命である」と語っている。

原始美術からそのまま抜け出してきたかのような、強烈な神秘性と生命力がみなぎっている作品。

 

画像 420.jpg

 

 

画像 417.jpg

 

 丸ビル 地下一階

 

 

★丸の内レポーター静香のapieds Marunouchi(アピエ丸の内)★

☆放送と連動中!TokyoAfter6 毎週 火曜・木曜 19:30頃~☆

apieds(アピエ)とは、フランス語で"足で歩く"意味。

その名の通り、丸の内レポーター静香が、足で歩いて、自分が体験した

旬の丸の内レポートを生放送とBlog、連動してお届けしていきます!

静香の生レポートを聴きながらBlogで写真をチェックしたら、あなたも今すぐ丸の内通に!

丸の内アートウィークス2008レポート

 

丸の内各所でアートイベントが行われる3週間

2008年4月4日(金)から5月6日(火)まで東京国際フォーラムにて開催される『アートフェア 東京2008』を機に、丸の内では若手アーティストの発掘・育成を目的としたコンペティション「アートアワードトーキョー2008」や、若手アーティストの作品を扱う7つのギャラリーが集う「ニュートーキョーコンテンポラリーズ」、都会に居ながらにして竹林を体感できる「アート・インスタレーション イン マルキューブ」など、アートの今を体感できるイベントを展開します。

 

 

s-11.jpg

s-12.jpg

 ニュートーキョーコンテポラリーズ丸ノ内ハウス(新丸ビル7階)

 

s-13.jpg

s-14.jpg  s-15.jpg

地雷で片腕をなくした人を、地雷で模った作品

s-16.jpg

s-17.jpg

気がつかないぐらい自然に存在するアートたち

s-1.jpgs-2.jpg

トイレの廊下や壁にもたくさんのアートが

s-3.jpg

一番驚いた作品!

s-4.jpg

ゴミ箱が転がっているかと思えば・・・それもアート

s-5.jpgs-6.jpg

文房具でできた仏壇

 

  

s-7.jpg

s-8.jpg

アート・インスタレーション イン マルキューブ 

丸ビル1階 MARUCUBE ~「竹の森」Foret de Bambous~

フランス語で「竹の森」在日フランス人アーティスト、アンテ・ヴォジュノヴィック氏の作品。登場します。

見るだけではなく、ヘルメットをかぶりながら9.5m×11m、高さ3.5m、約800本の竹林を実際にかき分けて彷徨うことができる体感型アート。竹に触れ、響き渡る竹の音を耳にし、竹の中を流れる空気を感じる。自らの感覚を研ぎ澄ますことができる空間です。

s-9.jpg

2013年12月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

profile

静香

静香 shizuka

コスメ大好き人気ブロガー。
PINKYの読者モデル、美容番組パーソナリティとして多方面で活躍。

◆ 静香のメイク日記 >>